ホーム > 書評

書評のアーカイブ

10年後のGAFAを探せ

10年後のGAFAを探せ 世界を変える100社

レベル3 ★★

中々、アグレッシブなタイトルが付けられていますが、GAFAが行っているIT関連ビジネスだけでなく、食品から医療、輸送、宇宙開発、エネルギーなど様々なジャンルの次世代プラットフォーム企業候補が100社選定されています。グローバルのユニコーン企業(企業価値が10億ドル以上の創業20年以内の未上場企業)の大半を占める米国・中国中心の選定であるのは仕方ないですが、日本からも数多くの企業が取り上げられています。

企業サイズも、数百億円から数兆円までとバラエティに富んでいます。海外株投資を行っている人が、現在の未上場企業のトレンドが読み取れて、次の成長エリアを俯瞰でき有益でしょう。一方、国内企業を中心にとても次のGAFA候補とは呼べないようなスケールの会社もかなりの数取り上げられています。

こうした中規模企業が、既に数兆円の企業サイズにまで成長していて、10年とかからずにGAFAの次を担う可能性のある海外企業と併記されているので、玉石混淆感が強くあります。ここに出てくるユニコーン企業については最低限事業内容とポテンシャルについて語れるように本書でしておいて、さらに気になる企業を深堀りしていくという使い方がよいと思います。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

amazon「帝国」との共存

amazon「帝国」との共存

レベル3 ★★★

 

日本でも経済記事でGAFAのことを目にしない日はないほどですが、本書はGAFAの中でも最もグローバルに影響力を持つアマゾンのこれまでの軌跡と今後の動向予測についてよくカバーされています。

著者は小売りを専門とするアナリストであることから、アマゾンだけでなくウォルマートやアリババなど競合を含めた小売業界全体の状況についても、動向が良くまとまっており小売業界の全体像がつかめます。先日、ベイエリアを訪れた時も感じたことですが、GAFAを筆頭に生活のあらゆるシーンにメガテック企業が浸透し、アップルやグーグルの新しい本社施設を見てもSF小説に出てくる世界征服をたくらむ悪の組織のような存在感となってきています。

本書はその中でも最強の帝国であるアマゾンが、祖業のeコマースから、実店舗を通じた小売りに金融/医療保険/ロボット開発/配送/広告などあらゆるビジネス・業界に浸透しようとしていることについて網羅的にまとまっていますから、関連業界の人にとってはアマゾンと今後どのように付き合っていくべきかという示唆に富んでいでしょう。

米国でAmazon goやAmazon Booksを訪れてその思いを強くしましたのは、アマゾンは小売業ではなくあらゆる業種をテクノロジーにより革新しようとするテックを本業とする企業ということですが、本書の豊富な事例からもその本質についてよく学べます。

惜しむらくはあり得ない数字の間違いがあまりに多いことです。原著から間違っているのか翻訳過程で生じたのかわかりませんが、ビジネス上の理解を数字の間違いは大きく妨げるので、とても残念に感じました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す

レベル3 ★★★★

私はキンドルで読みましたが、紙の本であれば上下編合わせて700ページに迫る大作です。タイトルにある天才数学者とはエドワード・ソープのことで、以前に彼のラスベガスでの活躍については読んだことがありましたが、自伝形式の本著では金融取引での彼の取り組みについての詳細が初めて明かされています。

貧しい生い立ちにも拘わらず、自分の数学的能力一本で登りつめていく姿には感心させられます。前半のブラックジャックやルーレットを、クロード・シャノンなど超一流の科学者たちと攻略していくシーンも事細かに描かれています。特にブラックジャックをカウンティングにより攻略する手法は、ソープ自身の著作がベストセラーとなり、その後も映画化もされたように多数の派生グループを生みました。

ただ、やはり本書の白眉は後半の金融取引で巨万のリターンを稼ぐところです。彼の手法は今やヘッジファンド業界で全盛となっているクオンツ取引で、20年近くにわたるファンド運用でS&P500を10%近くアウトパフォームし、四半期単位で一度もマイナスにならないという素晴らしい成績を残しました。

PNPというソープのファンドは、NYにおける政治抗争の影響とソープが関与しない支社の活動により1990年前に終わりを迎えますが、その取引手法のエッセンスはシタデルなどに引き継がれ、これらのファンドは現在に至るまで素晴らしい成績を残しています。

エドワード・ソープは世の中でブラック・ショールズ方程式として知られるオプション価値を決める微分方程式に、ブラック・ショールズより早くたどり着いており、さらに株価の動きについてより柔軟な分布を取り入れていたことで、同様の手法を用いる他のファンドや投信銀行が巨額のロスを出しているタイミングでも、素早く適応し大きなリターンをあげてきました。

ソープとバフェットの交流についてのエピソードも、投資家としてのスタイルは違うものの一流は一流を知るということがよく分かります。クオンツ取引について少しでも関心のある人は、その開祖とも呼べる人が余すことなく明かしてくれているので必読の良書です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ピクサー 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

★★★★★

これまでこのブログでは200冊以上の書評を書いてきましたが、7冊目となる5点満点評価です。今やタイトルにもあるように世界一のクオリティのアニメを作る会社としての名声をほしいままにしているピクサーですが、本書はスティーブ・ジョブズに請われCFO(最高財務責任者)としてまだ吹けば飛ぶような状態だったピクサーに参画した著者の視点から書かれた、ピクサーのビジネス面における成長の軌跡です。

これまでもこのブログでピクサーの制作サイドに関する著作は何度か紹介してきましたが、本書はタイトルにもあるようにCGアニメの長編作品というこれまで誰も取り組んでこなかった種類の制作という極めてリスクの高いビジネスモデルを採用したピクサーが、幾多の財政的な困難に見舞われ、それでも著者とジョブズを中心としたマネジメントの踏ん張りにより、なんとか今日を迎えられたことが詳細にまとめられています。

印象的なのが著者とジョブズの親密な関係で、アップル追放後に立ち上げたコンピュータ会社ネクストもうまくいかず、ピクサーも赤字を垂れ流し個人資金で支え続けてきたジョブズの苦境が、ピクサーの躍進と共に再び世界的な成功譚へとステップアップしていく様子がよく伝わってきます。ピクサーとかかわったことでディズニーをはじめとしてメディア・エンタメ業界の動向に精通でき、復帰後に音楽配信を皮切りとしてアップルを見事に再生させていった、ジョブズの晩年の経営者としての成熟につながったことも分かります。

ハーバードロースクールから弁護士資格を得て、さらにテックベンチャー企業のCFOと絵にかいたようなエリート街道を歩んできた著者が、まったく門外漢で海のものとも山のものともつかぬピクサーに飛び込み、初めての作品であるトイストーリーの制作とIPO、ディズニーとの契約交渉というメガトン級のディールを何とかこなして、最終的にディズニーに1兆円近い金額でピクサーを完全買収させるまでに導くストーリーは、読者としても各場面でのプレッシャーが痛いほど伝わり、同時に乗り越えた時の大きな成長も実感させてくれる迫力ある描写の連続です。

ピクサー退任後の著者の驚くべき転身ぶりと、しかしそれはピクサーの傑出した組織文化によるものだったというくだりにも感動させられます。起業家はもちろん、どのようなロールのビジネスマンにも示唆のある素晴らしい作品です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略

  • 2019年3月1日 8:00 AM
  • ★★

GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略

★★

日本でもタイトルに入っている米国のメガテック企業GAFA(グーグル・アマゾン・フェイスブック・アップル)はよく聞かれるフレーズとなっていますが、本書ではそれと対応する中国の4社BATH(バイドゥ・アリババ・テンセント・ファーウェイ)と合わせて、世界のテック業界を2分する米中のメガテック企業の現状についてよくまとまっています。

この8社は、AIを軸に検索や自動運転車開発を推し進めるグーグルとバイドゥ、eコマースを軸にオフラインでの小売りやクラウドなど情報サービスに手を広げつつあるアマゾンとアリババ、SNSを軸にVR・ARなど次世代プラットフォームにも積極的なフェイスブックとテンセント、スマホ機器の販売を軸にハードウェアで収益をあげるアップルとファーウェイと見事な対応関係にあります。

米中の貿易交渉が難航し、ファーウェイの米国陣営での排除など様々な軋轢が浮上する中で、この8社の現状をきちんと理解しておくことは、今後の世界のテック業界の趨勢を見極めるうえで不可欠といえるでしょう。本書では特に日本であまり知られていない中国側の4社についての現状分析がまとまっていて有用です。一方、同じ著者の前著にも感じたことですが、独自のフレームワークによる分析は情報やメッセージが込み入っていて理解しづらく、あまり有効に機能してません。

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

宇宙の覇者

宇宙の覇者 ベゾスvsマスク

★★★★★

この書評は起業当初から継続していて、これまで200冊以上について書いてきましたが、6冊目となる★5つの満点評価です。日本語では大仰なタイトルに聞こえますが、英語の原題は”Space Barons”でロックフェラーやカーネギーといった20世紀初頭の米国の財閥の権勢ぶりを示した”Robber Barons”をもじって、大富豪が宇宙開発で激しくしのぎを削っている現状を表しています。

ヴァージングループの創業者であるリチャード・ブランソンやマイクロソフトの共同創業者であるポール・アレンといった大富豪も宇宙開発で一定の役割を果たしていますが、なんといっても主役はスペースXの創業者イーロン・マスクと、アマゾンの創業者にしてロケット開発会社ブルーオリジンも起こしたジェフ・ベゾスです。

何事も派手にぶち上げてスピードを売りにしているスペースXをウサギ、徹底した秘密主義で成果を上げてから控えめに発表するブルー・オリジンを亀と、イソップ童話に例えて両社の創業からの対照的な歩みが詳細にまとめられています。スプートニクやアポロ計画に代表されるように冷戦下での宇宙開発は国威発揚をかけた戦いでしたが、現在ではこの2社を筆頭とする民間企業が主導しています。

冷戦の終結とNASAの予算削減により沈滞していた宇宙開発が、大富豪の情熱と巨額の投資により再び活性化してきていることが分かります。同時に、世間にほとんど知られていないアンドリュー・ビールなど宇宙開発に情熱を傾けた民間人の努力が現在の民間企業の隆盛の礎となっていることも分かります。

人類なら誰しも心を躍らせる宇宙開発を、少年の心を持ち続けた大富豪たちが主導していることは、まさに個の時代を象徴する事例でワクワクさせられます。同時に、民間企業に任せるべきところは任せるというNASAをはじめとした政府組織の決断力と、宇宙開発という超長期にわたりかつダウンサイドもとてつもなく大きい事業に巨額のリスクマネーが集まる現状から、米国の計り知れない底力も感じました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Never Lost Again

NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (世界を変えた地図)

★★★★

日本語では「2度と迷わない」を意味する洒落た名前がついたこの本は、今や10億人以上が毎月利用するメガサービスとなった、グーグルマップの誕生の軌跡が詳細にまとまったノンフィクションです。

著者は、のちにグーグルに買収され、グーグルマップの1機能として組み入れられているグーグルアースの前身となるサービスを作ったキーホール社の創業メンバーの1人です。キーホール社の創業メンバーの中でダントツの知名度を誇るのがジョン・ハンケで、世界でもトップクラスのシリアルアントレプレナーである彼は、グーグル社を退職して「ポケモンGo」を世に出したナイアンテック社の創業者として世に知られています。著者はこのジョン・ハンケの大学時代からの友人で、このカリスマ的な創業者がどのように世界的な人気を誇るサービスの立ち上げに成功したのか、客観的なトーンでよくまとまっています。

年末年始に帰省した時もうちの子が従兄弟とポケモンGoで盛り上がっていて、その根強い人気は驚くばかりですが、このARゲームにも膨大な地図情報が活用されています。世界中の衛星画像をくまなく集めて、サクサクと世界中のどこでも見られるようにしたグーグルアースはグーグルのテクノロジーレベルの凄みを世界中に印象付けましたが、このサービスは前述したようにグーグルに買収されるまで何度も倒産の危機を迎えたキーホール社により生み出されました。

卓越した技術がありながらもビジネスモデルの確立に苦闘していたスタートアップが、グーグルという巨大なスポンサーとその創業者にしてビジョナリーのラリー・ペイジの巨大な野心と組み合わさったことで、今では世界中の何十億人のスマホユーザーが最も頻繁に使うサービスであるグーグルマップを生みました。まさに理想的なスタートアップストーリーで、起業に関心のある人にはとても心躍る内容です。

ジョン・ハンケの退職後も、グーグルはオンライン情報だけでなく物理世界の情報も全て整理するという目標に向けて貪欲に突き進み、その成果は完全自動運転車やリアルタイムでのAR情報提供サービスとして結実してきています。メガテック企業への反感が強まっている今だからこそ読みたい、テクノロジーの可能性のすばらしさに楽観的にさせてくれる良書です。

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

現代アート経済学

現代アート経済学 (光文社新書)

★★★

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

現代アート経済学

現代アート経済学 (光文社新書)

★★★

先日、出演した日テレの「WOW」など資産運用の手段としてのアートについて、最近よく質問されるようになってきたので、特にアート市場全体について取り扱った書籍をいくつか読んでいます。

本書は出版が5年程前ですが、現代アートとアジア市場という現在のマーケットを活性化させている2大トレンドについてその萌芽からきちんと目をつけながら、アート市場全体についてわかりやすく解説されていますので、今後のアートシーンの展開を予測する上でも有用でしょう。

古来から特定の国やエリアの経済が勃興したときに、投資対象としてアートに注力することはよく見られてきました。あと数年で米国を抜いて、国別でアートの取扱高がトップになると見られる中国がまさにそうですし、私たちが暮らしているシンガポールもアートステージというイベントを核としてプレゼンスをあげてきています。

日本ではアートへの投資というとバブルの象徴のように思われていますが、当時高値掴みといわれた印象派やピカソの名画は今では倍以上に価格が上がっています。長期にわたって資産を継承する上でマストであるアートマーケットについての入門書としてよく仕上がっています。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホモデウス

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来ホモ・デウス 下: テクノロジーとサピエンスの未来

レベル3 ★★★★

前作「サピエンス全史」が全世界で1,000万部に迫る大ベストセラーとなった著者による人類のこれからの姿についての壮大なスケールの考察が展開されています。前作では人類の約250万年の歩みについて、「イメージを共有できるようになった認知革命」と「時間という概念と社会構造の確立につながった農業革命」、「資本主義と相まって信用を創造し持続的な社会の発展という概念を生み出した科学革命」の3つの革命により、人類を今の地位に押し上げたという論考が展開されました。

その結果、人間中心主義が世界で広く受け入れられるようになったのですが、著者はこれからの未来はデータ中心主義にシフトしていくという論考が繰り広げられています。生化学的に分析しても人間の思考は思いのほか単純なアルゴリズムに支配されており、前回の大統領選挙で問題になったように、SNSなどでの行動形態から簡単に解明され、さらにインプットする情報を操作することで誘導されてしまいます。

人間中心主義の根底にある自由意志という概念には大した意味がなく、巨大なデータと優れたアルゴリズムさえあれば個人単位での意思決定よりもはるかに高い精度で効率的な判断ができるというのがデータ中心主義です。過激に聞こえるかもしれませんが、住居や車を個人所有せずにメガテック企業のアルゴリズムに基づいて相手を信用してシェアしたり、サービスを利用したり製品を購入したりする時も、判断材料だけでなく結果まで同じくメガテック企業のアルゴリズムに依存している現状を考えると、あながち荒唐無稽な話ではないと思います。

ビジネスにおける数十年単位での大きなパラダイムシフトを考える上でも、色々と示唆が得られる骨太な思想書です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

特捜投資家

特捜投資家

レベル3 ★★

これまで社会を揺るがせた事件についてのノンフィクションを執筆してきた著者による初めての経済小説です。題名に込められた意味合いは、権力者に検察の特捜部が切り込めなくなった今、金の力で以前の特捜部のように巨悪に切り込む投資家が求められているというものです。

結論から言うと、少しビジネスに詳しい人であれば登場人物は誰をモチーフにしているか分かりますし、ストーリーもかなりご都合主義的に進んでいくので少々迫力に欠けます。特捜投資家たる本書の主人公が米国で打ちのめされたとされるリーマンショックで2兆円を稼いだ凄腕ヘッジファンドマネージャーは明らかにジョン・ポールソンをモチーフにしているのでしょうが、現実のポールソンは直近負け続けてファンドもピークの5分の1以下にまで縮小していしまっているので、あまり締まりません。

ただ、見るべきは本書にたびたび出てくる日本のベンチャー企業のいい加減さはかなり的を射ていることです。本書にもイーロン・マスクが登場しますが、彼がすごいところはいかなる大言壮語もサイエンスの事実には反していないことです。対して、本書に出てくる日本の革新的なEVベンチャーもそうですが、日本にはサイエンス上あり得ないことを堂々とのたまうペテン起業家があまたいます。

本書に出てくるようなペテンベンチャーが現実世界のどの企業に当てはまるのか考えながら読むとストーリーにより刺激が感じられると思います。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

エンジェル投資家

エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか

レベル3 ★★★★

ウーバーへの2.5万ドル(約280万円)のエンジェル投資が、現時点で約3.6億ドル(約400億円)の価値になるなど、運用実績から世界最高のエンジェル投資家といわれているジェイソン・カラカニスによるエンジェル投資のハウツー本です。

日本でもベンチャー投資の金額が拡大してきて、ベンチャーを専門にした投資ファンドであるベンチャーキャピタルという言葉もかなり定着してきています。一方、こうしたベンチャーキャピタルから資金調達を受けるさらに前の段階の企業に投資を行うのが、本書が解説しているエンジェル投資です。

カラカニスのように個人で数万ドル単位の投資を行うのが一般的ですが、上記にあるウーバーのような大ヒットをあてると巨額のリターンが期待でき、最近ではカラカニスが最強のベンチャーキャピタルであるセコイアと連携しているように、ベンチャーキャピタルと組んで大きな金額を動かすエンジェル投資家も増えてきています。

本書で一貫しているのがエンジェル投資家という役割をカラカニスが心から愛していて、1人でも多くの人に挑戦してもらいたいという思いです。彼自身が貧しい家庭に育ち、名門大学や名門ファンドと無縁だった人生から、最強のエンジェル投資家にまで上り詰めていることから、社会の広い人にベンチャー投資に関心を持ってもらえるように、エンジェル投資家として成功する秘訣を惜しげもなく披露しています。

ベンチャーの企業価値と数のどちらでも、米国より1桁小さい日本ではなかなかエンジェル投資家として独り立ちするのは困難でしょうが、ベンチャーキャピタルのように外部資金を預からず、自分の資金のみで文字通り裸一貫で勝負するエンジェル投資家という生き方に関心がある人は、ぜひ手に取ってみてください。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > 書評

ページの上部に戻る