ホーム > 書評

書評のアーカイブ

The Four GAFA

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

レベル3 ★★★★★

これまで300冊近くの書評を書いてきましたが、5冊目となる最高ランクの5つ星の評価です。データとAIという現在の産業の中で最も成長が期待できる分野の先頭を行き、今や株式時価総額という観点でも世界でトップに立つメガテック企業4社、GAFA(グーグル・アマゾン・フェイスブック・アップル)の影響力について縦横無尽に論考が繰り広げられています。

この4社は単に儲かっているテック企業というわけではなく、人間が生きてくうえで最も大切な機能である脳と心、性のすべてに密接にかかわっていることが現在の繁栄につながっているという指摘は非常に鋭く、今後もこの4社がさらなる隆盛を極めていくという本書の論考には納得させられます。著者はいわゆるシリアルアントレプレナーで、実際にビジネスの場でこの4社と立ち向かい、叩き潰された経験まであることが、この鋭い論考の背景にはあります。

著者が進めるのはこの4社は、現代社会において一昔前の神が担っていたようなポジションにあり、起業する場合もキャリアアップを図る場合も絶対にこの4社とぶつかることのないようにすべきと徹底して説いています。豊富なデータをもとに、この4社が君臨する現代社会は「超優秀な人にとっては最も生きやすく、そうでない人にとっては最も生きづらい社会」であり、「歴史上もっともビリオネアにはなりやすく、ミリオネアにはなりにくい社会」であると、身もふたもない表現で喝破しています。

つまり、この4社に象徴される圧倒的な一部の勝ち組と、その他ほぼ全員の負け組という構造が宿命的に進んでいくということです。私自身、世界を飛び回りながらこのトレンドが不可逆であることをひしひしと感じています。この格差をどう個人として生き抜くのか、さらには社会全体としてどのようなバッファーを設計すべきかを考える上でも、この4社について知らなければ何ら具体的な案は思い浮かばないでしょう。21世紀を生きていくうえで、著者が必須科目であるとするGAFA4社の実像と今後の影響力についてぜひ本書で学んでみてください。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

2022年の次世代自動車産業

2022年の次世代自動車産業 異業種戦争の攻防と日本の活路 (PHPビジネス新書)

レベル3 ★★★

自動運転を軸とした次世代の自動車の取り組みについて、日米欧中の既存の自動車メーカーと、米中を中心としたテック企業の新規参入の両面からよくまとまっています。通常の書籍であれば、既存の自動車メーカーかテック企業かのどちらかの視点から、他方への優越性について論じられることが多いですが、両者の取り組みがそれぞれの有利・不利両面バランスよくまとめられているので、表題にあるように近未来の自動車産業の趨勢について予測をするうえでよい手がかりとなります。

個人的には自動運転とシェアリングエコノミーは、現在の個人への販売を前提とした自動車ビジネスを根底からひっくり返すターニングポイントとなって、グーグル子会社のウェイモを筆頭とした新規参入プレーヤーが覇権を握る可能性が高いと見ていますが、本書を読んでGMやトヨタなどの既存プレーヤーの危機意識も相当に高いことを認識しました。

自動車産業は日本経済の外貨獲得手段として突出しており、もしここが電機産業と同じく米中のメガテック企業に崩されると壊滅的な影響があります。自分がかかわっている業種を問わず、日本経済全体の趨勢を決める自動車産業の将来について考えたい人にとってはその手掛かりとなる書籍です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

プラットフォーム革命

プラットフォーム革命――経済を支配するビジネスモデルはどう機能し、どう作られるのか

レベル3 ★★★

米国のFAMGA(フェイスブック・アマゾン・マイクロソフト・グーグル・アップル)と中国のアリババ・テンセントに代表されるメガテック企業が世界の株式時価総額の上位を独占する状態が長らく続いています。本書では、これらメガテックを筆頭とした巨大テック企業をプラットフォーマーとして位置付け、そのビジネスにおける盤石のポジションがどのように築かれたのか、様々な企業の実際の歩みを元に解説しています。

本書の論考が傾聴に値するのは、著者が経済やビジネスの評論家ではなく、実際にテック企業を創業してニッチな分野ながらも独占的な地位を築き上げた起業家であることです。上記のプラットフォーマーたちがいかに米国や中国のクローズドなサークルの中で築き上げられてきたのか、そのインナーサークルの中にいる著者だからこそ把握できる情報も多々盛り込まれています。

私の本業での投資アドバイスにおいてもここ数年は上記のメガテック企業を中心としたテックセクターの株式への投資を主軸に据えてきました。株価のパフォーマンスからも、いかにこれらの企業のポジションが高く評価されているのかよく分かっていたつもりですが、本書を読んでプラットフォーマーとはどのような存在で、データが全てのベースにある現代においてその立場がいかに強固となっているか改めて深く理解できました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

アマゾンのすごいルール

アマゾンのすごいルール

★★★

アマゾンの日本法人の立ち上げにかかわり、その後も10年以上にわたってアマゾンで様々なタスクを手掛けた著者が、現在世界で最も成長ポテンシャルが高いとみなされている企業アマゾンの社内プロセスのどこが優れているのか解説しています。

現在、米国で初となる時価総額1兆ドル(約110兆円)を達成する企業はどこかということが話題になっています。候補としてはアップル・アルファベット(グーグルの親会社)・マイクロソフトがあげられていますが、現在世界最大の時価総額を誇るアップルと並んで最も可能性が高いと見られているのがアマゾンです。

その期待の源泉は、アマゾンの世界で最も優れているとされるキャッシュフローコントロール力で、利益が上がらないように限界ぎりぎりまで投資を行う経営スタイルで知られています。本書ではその潤沢なキャッシュフローを支える投資効率の高さ、意思決定の迅速さなどアマゾンの強みがどのような社内ルールにより生み出されているのか分かりやすく解説されています。

もちろん、全てがアマゾン独自のルールというわけではなく、外資系企業で働いた経験がある人であれば見知っているルールもありますが、ルール設定だけでなく徹底して実行させる点でもアマゾンは優れているのでしょう。その実行力を産み出している創業者ジェフ・ベゾスにも関心がより湧く内容でした。

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

宇宙ビジネスの衝撃

宇宙ビジネスの衝撃――21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ

★★

今年に入ってから、イーロン・マスク率いるスペースXが立て続けにロケットの再使用に成功し、さらには年内の有人飛行も予定しているなど、日本でも米国の民間企業による宇宙開発の報道は増えてきています。

宇宙ビジネスが注目される最大の理由は登場人物が大物ぞろいであることです。民間企業の有人宇宙飛行については、上記のイーロン・マスクに現在世界一の富豪であるアマゾンの創業者ジェフ・ベゾス、ヴァージン・グループの創業者リチャード・ブランソンといういずれも強烈なキャラクターをした3人のビリオネアがしのぎを削っています。

それ以外にも、グーグルの創業者であるラリー・ペイジや映画監督ジェームズ・キャメロンが小惑星の資源探査企業であるプラネタリー・リソーシーズに巨額の出資をしたり、イーロン・マスクは最終的に2040年には100万人単位の火星移住を目指していたりするなど刺激的なエピソードが満載です。

著者自身がこうしたビジネスに関わっているわけではないので、本書の情報は広く公開されているものが中心ですが、米国を中心とした民間企業がどのように宇宙開発を主導し始めているのか、現状を把握するのには適した内容となっています。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ブラック・エッジ

ブラックエッジ ――資産1兆円の男、スティーブ・コーエン物語 (ウィザードブックシリーズ)

レベル3 ★★★★

年に1-2冊、米国のノンフィクションのレベルはやはり凄いなと思わせる金融分野の良書に出会いますが、本書はまさにそれに値する重厚な内容となっています。米国史上最大の罰金を支払うことで決着した大手ヘッジファンドSACのインサイダー取引疑惑について、このファンドの創業者である米国屈指の大富豪スティーブ・コーエンの生い立ちにまでさかのぼって、詳細かつ時系列で分かりやすくまとめられています。

あまり恵まれない環境で育ったスティーブ・コーエンはハングリー精神と類稀なトレーダーとしての才能を活かして、世界屈指の巨大ヘッジファンドSACを築き上げます。しかし、そのトレーディング手法には謎が多く、ファンド設立以来年率30%という超ハイリターンをどのように稼ぎ出しているのか、常に疑惑とともに語られてきました。

本書を読むとスティーブ・コーエンのトレーダーとしての優秀さは疑う余地がないとともに、明らかにファーム全体にインサイダー取引が蔓延したことも良く分かります。ヘッジファンド業界では、指数に対する超過リターンを産み出す差別化ポイントをエッジと呼びますが、本書のタイトルにあるようにSACでは多くのブラックなエッジがハイリターンに貢献したことは疑いの余地がありません。

ただ、膨大な客観的な事実の積み上げだけでは大物を罪に問えないのが、米国の金融界の現状で、結局スティーブ・コーエンもファンドとしては巨額の罰金を支払いましたが、個人としては罪に問われることはありませんでした。SACは外部資金を全て返済しなければならなかったものの2年のペナルティ期間を経て、今年には再び外部資金を集めて新たなヘッジファンドの運用に乗り出しています。

どのようにスティーブ・コーエンが罪を逃れて、部下しか有罪とならなかったのか詳細な経緯は本書をぜひ読んでほしいですが、ファンドマネージャーとしてだけではなく今や世界的なアートコレクターとして社交界をにぎわせるコーエンの現在の姿と、彼を追いかけたFBIやSECなど政府組織の担当者の多くが今や金融業界で高報酬を得ているという結末を見ると暗澹たる気持ちとなります。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

アマゾン・エフェクト

  • 2018年4月13日 8:00 AM
  • ★★

アマゾンエフェクト!  ―「究極の顧客戦略」に日本企業はどう立ち向かうか

★★

米国の株式市場はここ数年、FAMGA(フェイスブック・アマゾン・マイクロソフト・グーグル・アップル)と呼ばれるメガテック企業5社が上位を占めていますが、この5社の中でもビジネスの成長ペースと今後のポテンシャルで最も高く評価されているのがアマゾンです。米国ではTo be Amazonedという言葉が、アマゾンの進出によってある業界が根こそぎ奪われるという意味でつかわれるほどの存在感を持っています。

セブンイレブンのCIOとしてオンラインチャネルの強化を推進する立場として、そのアマゾンと対峙する立場にあった著者が、アマゾンのビジネスモデルの凄みとそれに対峙する日本の小売企業の厳しさについて書いた本です。これまでもアマゾンについての書籍は色々と読んできましたが競合企業の立場からの視点は初めてで、アマゾンの業界構造を根こそぎ変えてしまう恐ろしさについて新鮮な切り口で理解できました。

著者のオンライン強化を含めたオムニチャンネルに関する取り組みは、父親で長くセブンイレブンの会長を務めた鈴木氏の退任により後退してしまい、決済が不要なAmazon Goの立ち上げやホールフーズの買収などで実店舗での取り組みを加速させるアマゾンに対して、国内では最強の小売りと言えるセブンイレブンについても厳しい戦いを強いられそうです。本書の特に後半はセブンイレブンの内部対立で、オムニチャンネルの取り組みが思うように進んでいないという記述が多いことはとても残念に感じました。

日本の小売全体がTo be Amazonedされるのを防ぐ手立てはあるのか、小売企業に残された時間は少ないと読後に強く感じました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

世界を手にした「反逆の起業家」の野望

ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望

★★★★

いかついタイトルがついていますが、ペイパルの創業者として財をなし、その後は投資家としてフェイスブックやパランティア、Airbnbといったメガスタートアップに初期から出資したことで世界的な大富豪となったピーター・ティールの初めての本格的な伝記です。

ピーター・ティールはフェイスブックにリンクドイン、You Tubeなど今やグローバルでプラットフォームとなっている企業を次々に生み出したペイパルマフィアの中心人物として知られています。その投資法は本書のタイトルにもあるように思い切った逆張りで知られています。

投資手法だけでなく、反トランプ一色のシリコンバレーにおいて早くからトランプ支持を表明して、トランプ政権に深く喰いこみ、政権発足当初にトランプ大統領とジェフ・ベゾスやラリー・ペイジといったIT業界の重鎮たちとのミーティングをアレンジしたことでも存在感を示しました。

イーロン・マスクがペイパルマフィアの表の顔とすれば、ピーター・ティールは逆張り投資家かつリバータリアンで、かつゲイというマイノリティ色が濃いプロファイルで、まさにペイパルマフィアといわれるほど結束の強い起業家集団の中における裏のボスという位置づけが適当でしょう。

本書では、これまであまり世の中に知られていなかったペイパルの創業期の様子や、これまた世界で最も秘密めいたメガスタートアップといわれているデータ解析会社、パランティアをどのように創業したのかなど、ピーター・ティールの凄みが良く分かるエピソードが豊富に盛り込まれています。

ティール自身が書いたビジネスにおける思想書「ゼロ・トゥ・ワン」と合わせて読むと、起業家や投資家としての成功の秘訣が良く見えてくるでしょう。ピーター・ティールはドイツに生まれた人物で、本書のオリジナルはドイツ語で書かれています。とても良い内容なのですが、ドイツ語からの翻訳の為か数字の間違いが随所に目立つことだけが玉に瑕です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

UPSTARTS

UPSTARTS UberとAirbnbはケタ違いの成功をこう手に入れた

★★★★

今や関連するニュースを見ない日はないほどに世界中で話題を席巻しているシェアリングエコノミーの雄、配車サービスのウーバーと、民泊サービスのエアビーアンドビー(以下エアビー)の創業期からの歩みがまとめられた好著です。両社ともに創業から10年もたたないうちに、ウーバーが企業価値約600億ドル(約6.4兆円)、エアビーが同約300億ドル(約3.2兆円)と、未上場企業の中でグローバルトップ10に入る急成長を遂げています。

ただ、その歩みは紆余曲折の極みでした。どちらも、タクシーとホテル業界という歴史が非常に古く、さらに政治的な影響力の強い既得権益ホルダーと正面から利害がぶつかるために、進出する度に各都市で大きな軋轢を生んできました。いくつかの国や都市では両サービスを全面的に禁じる法規制が新たに制定され、またそこまで規制が強化されなくとも歯止めをかける議論は依然活発に行われています。

しかしながら、いくら規制を強化しようとも、この両サービスを日常的に使っている立場からすると、テクノロジーの発展はとめられず、シェアリングエコノミー拡大の流れは止められないと確信しています。そのことを示すかのように、直近ではオフィスのシェアリングサービスであるウィワークが、この両社を企業価値で抜き去る勢いで成長しています。

本書を読んで感じたことは、アメリカというシステムの途轍もない強さです。規制側も何とか新たなチャンスを活かして稼ぐにはという意識に満ちていて、実際に規制当局から両社に転身して活躍している人物が何人も出てきます。立場が異なる様々な役者が入れ替わりながら、ビジネスの成長という1点で合致して猛烈な勢いで前に進んでいくアメリカの凄みが存分に味わえます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

20アンダ―20

20 under 20 答えがない難問に挑むシリコンバレーの人々

★★★

米国を代表する起業家にしてベンチャー投資家であるピーター・ティール氏が始めた、20歳以下の若者が大学には進学せずに起業の道を選ぶのであれば、10万ドル(約1,100万円)を提供するというプログラムの参加者に焦点をあてたノンフィクションです。

このティール・フェローシップというプログラムは米国で大きな話題を呼びましたが、その後の経過については知らなかったので、本書を手に取りました。結論から言うと、何名か成功者は出ているものの参加者の多くは苦戦していて、一部はフェローシップ参加後に改めて大学に進学しなおしたということです。

ただ、ティール・フェローシップもその在り方を軌道修正していて、今では若者中心を対象にしたベンチャーキャピタルよりさらに創業期の企業にフォーカスをあてたスターターに変貌してきていて、この分野で著名なYコンビネーターや500スタートアップと似た組織となっているようです。本書ではティール・フェローシップだけでなく、こうしたスターターを始めシリコンバレーの若手起業家がどのようなノリで、ビジネスに取り組んでいるのか詳しく紹介されています。

やや対象があちこちに飛んで散漫な印象も持ちますが、シリコンバレーでの起業活動に関心がある人は読んで損がない本です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

すべての仕事を3分で終わらせる

すべての仕事を3分で終わらせる――外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術

★★★

著者の岡田さんとはシンガポールで交流があり、彼の初めての著作ということで手に取ってみました。岡田さんは年中暑いシンガポールにもかかわらず、いつも巨大なリーゼントに黒い皮のコートといういでたちで、シンガポールの日本人では知らぬものが居ないほどの存在感をはなっていますが、本書の内容はそれに反して、極めて王道かつ真っ当な仕事術が展開されています。

著者はアクセンチュア・デロイト・マイクロソフトという外資系のエクセレントカンパニーで20年以上活躍してきた実績を持ちますが、こうした外資系のトップ企業と国内企業の生産性の差を、仕事を行う上での意識の違いに求めています。

部下に残業をさせて2度とこういうことを許さないと言われてから、いかに仕事を効率的かつインパクトを残せるように行うのか、著者が仕事を普段行う上で意識しているポイントがクリアにまとまっています。「完璧よりもスピードを重視」、「徹底的に無駄を省く」、「メールには即レス」、「なるべく多くの人をレバレッジする」という著者の仕事術には私もコンサルやファンド時代に意識していた内容と合致するものばかりで、とても納得感がありました。

外資系企業で働いたことがある人であれば、自然と意識することも多いでしょうが、無駄な残業がはびこり先進主要国でも生産性が最低レベルに低迷している日本では、目うろこの点が多いと思います。特に、これから自分の仕事スタイルを築いていく若い世代に学びが多いビジネススキルが満載の本です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

サピエンス全史

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

★★★★

人類が種として確立してから現代にいたるまでの250万年の歩みを縦横無尽に語った壮大なスケールの作品で、世界中のリーダーから大絶賛されたことでベストセラーとなっています。

移動の連続で中々こうした大著を読み切るタイミングがなかったのですが、日本に年末年始に滞在した時を活かして読み切りました。各界で絶賛されていたことで期待値は相当に高かったのですが、その期待にたがわない示唆に富んだ内容でした。

様々な旧人類の中からホモサピエンスが生き残ったのはイメージを共有する能力であった、人類の数を大幅に増やすことを可能にした農業革命は個々人の生活レベルを実は大幅に引き下げる負の側面もあったなど、驚愕の事実が次々と豊富なデータや事例をもとに語られていて、読んでいてさらに調べたくなる事象が沢山見つかる知的刺激に満ちた作品です。

前半は人類のこれまでの長い歩みについて、後半は現代社会を語る上で欠かせない科学や経済について記述が割かれています。本書の最終章は「神になった動物」ですが、欧米では本書の続編である「ホモデウス」が発売されて、こちらも大きな話題となっています。

ホモサピエンスが種として生き残る原動力となったイメージを共有する力と、AIや遺伝子操作といった最新のテクノロジーが組み合わさった時に、人類はどのような存在となるのかというこちらも途轍もないスケールの作品のようですから、今年9月の日本語版の発売を楽しみに待っています。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > 書評

ページの上部に戻る