ホーム > 書評 > ★★★★

★★★★のアーカイブ

ホモデウス

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来ホモ・デウス 下: テクノロジーとサピエンスの未来

レベル3 ★★★★

前作「サピエンス全史」が全世界で1,000万部に迫る大ベストセラーとなった著者による人類のこれからの姿についての壮大なスケールの考察が展開されています。前作では人類の約250万年の歩みについて、「イメージを共有できるようになった認知革命」と「時間という概念と社会構造の確立につながった農業革命」、「資本主義と相まって信用を創造し持続的な社会の発展という概念を生み出した科学革命」の3つの革命により、人類を今の地位に押し上げたという論考が展開されました。

その結果、人間中心主義が世界で広く受け入れられるようになったのですが、著者はこれからの未来はデータ中心主義にシフトしていくという論考が繰り広げられています。生化学的に分析しても人間の思考は思いのほか単純なアルゴリズムに支配されており、前回の大統領選挙で問題になったように、SNSなどでの行動形態から簡単に解明され、さらにインプットする情報を操作することで誘導されてしまいます。

人間中心主義の根底にある自由意志という概念には大した意味がなく、巨大なデータと優れたアルゴリズムさえあれば個人単位での意思決定よりもはるかに高い精度で効率的な判断ができるというのがデータ中心主義です。過激に聞こえるかもしれませんが、住居や車を個人所有せずにメガテック企業のアルゴリズムに基づいて相手を信用してシェアしたり、サービスを利用したり製品を購入したりする時も、判断材料だけでなく結果まで同じくメガテック企業のアルゴリズムに依存している現状を考えると、あながち荒唐無稽な話ではないと思います。

ビジネスにおける数十年単位での大きなパラダイムシフトを考える上でも、色々と示唆が得られる骨太な思想書です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

エンジェル投資家

エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか

レベル3 ★★★★

ウーバーへの2.5万ドル(約280万円)のエンジェル投資が、現時点で約3.6億ドル(約400億円)の価値になるなど、運用実績から世界最高のエンジェル投資家といわれているジェイソン・カラカニスによるエンジェル投資のハウツー本です。

日本でもベンチャー投資の金額が拡大してきて、ベンチャーを専門にした投資ファンドであるベンチャーキャピタルという言葉もかなり定着してきています。一方、こうしたベンチャーキャピタルから資金調達を受けるさらに前の段階の企業に投資を行うのが、本書が解説しているエンジェル投資です。

カラカニスのように個人で数万ドル単位の投資を行うのが一般的ですが、上記にあるウーバーのような大ヒットをあてると巨額のリターンが期待でき、最近ではカラカニスが最強のベンチャーキャピタルであるセコイアと連携しているように、ベンチャーキャピタルと組んで大きな金額を動かすエンジェル投資家も増えてきています。

本書で一貫しているのがエンジェル投資家という役割をカラカニスが心から愛していて、1人でも多くの人に挑戦してもらいたいという思いです。彼自身が貧しい家庭に育ち、名門大学や名門ファンドと無縁だった人生から、最強のエンジェル投資家にまで上り詰めていることから、社会の広い人にベンチャー投資に関心を持ってもらえるように、エンジェル投資家として成功する秘訣を惜しげもなく披露しています。

ベンチャーの企業価値と数のどちらでも、米国より1桁小さい日本ではなかなかエンジェル投資家として独り立ちするのは困難でしょうが、ベンチャーキャピタルのように外部資金を預からず、自分の資金のみで文字通り裸一貫で勝負するエンジェル投資家という生き方に関心がある人は、ぜひ手に取ってみてください。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ブラック・エッジ

ブラックエッジ ――資産1兆円の男、スティーブ・コーエン物語 (ウィザードブックシリーズ)

レベル3 ★★★★

年に1-2冊、米国のノンフィクションのレベルはやはり凄いなと思わせる金融分野の良書に出会いますが、本書はまさにそれに値する重厚な内容となっています。米国史上最大の罰金を支払うことで決着した大手ヘッジファンドSACのインサイダー取引疑惑について、このファンドの創業者である米国屈指の大富豪スティーブ・コーエンの生い立ちにまでさかのぼって、詳細かつ時系列で分かりやすくまとめられています。

あまり恵まれない環境で育ったスティーブ・コーエンはハングリー精神と類稀なトレーダーとしての才能を活かして、世界屈指の巨大ヘッジファンドSACを築き上げます。しかし、そのトレーディング手法には謎が多く、ファンド設立以来年率30%という超ハイリターンをどのように稼ぎ出しているのか、常に疑惑とともに語られてきました。

本書を読むとスティーブ・コーエンのトレーダーとしての優秀さは疑う余地がないとともに、明らかにファーム全体にインサイダー取引が蔓延したことも良く分かります。ヘッジファンド業界では、指数に対する超過リターンを産み出す差別化ポイントをエッジと呼びますが、本書のタイトルにあるようにSACでは多くのブラックなエッジがハイリターンに貢献したことは疑いの余地がありません。

ただ、膨大な客観的な事実の積み上げだけでは大物を罪に問えないのが、米国の金融界の現状で、結局スティーブ・コーエンもファンドとしては巨額の罰金を支払いましたが、個人としては罪に問われることはありませんでした。SACは外部資金を全て返済しなければならなかったものの2年のペナルティ期間を経て、今年には再び外部資金を集めて新たなヘッジファンドの運用に乗り出しています。

どのようにスティーブ・コーエンが罪を逃れて、部下しか有罪とならなかったのか詳細な経緯は本書をぜひ読んでほしいですが、ファンドマネージャーとしてだけではなく今や世界的なアートコレクターとして社交界をにぎわせるコーエンの現在の姿と、彼を追いかけたFBIやSECなど政府組織の担当者の多くが今や金融業界で高報酬を得ているという結末を見ると暗澹たる気持ちとなります。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

世界を手にした「反逆の起業家」の野望

ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望

★★★★

いかついタイトルがついていますが、ペイパルの創業者として財をなし、その後は投資家としてフェイスブックやパランティア、Airbnbといったメガスタートアップに初期から出資したことで世界的な大富豪となったピーター・ティールの初めての本格的な伝記です。

ピーター・ティールはフェイスブックにリンクドイン、You Tubeなど今やグローバルでプラットフォームとなっている企業を次々に生み出したペイパルマフィアの中心人物として知られています。その投資法は本書のタイトルにもあるように思い切った逆張りで知られています。

投資手法だけでなく、反トランプ一色のシリコンバレーにおいて早くからトランプ支持を表明して、トランプ政権に深く喰いこみ、政権発足当初にトランプ大統領とジェフ・ベゾスやラリー・ペイジといったIT業界の重鎮たちとのミーティングをアレンジしたことでも存在感を示しました。

イーロン・マスクがペイパルマフィアの表の顔とすれば、ピーター・ティールは逆張り投資家かつリバータリアンで、かつゲイというマイノリティ色が濃いプロファイルで、まさにペイパルマフィアといわれるほど結束の強い起業家集団の中における裏のボスという位置づけが適当でしょう。

本書では、これまであまり世の中に知られていなかったペイパルの創業期の様子や、これまた世界で最も秘密めいたメガスタートアップといわれているデータ解析会社、パランティアをどのように創業したのかなど、ピーター・ティールの凄みが良く分かるエピソードが豊富に盛り込まれています。

ティール自身が書いたビジネスにおける思想書「ゼロ・トゥ・ワン」と合わせて読むと、起業家や投資家としての成功の秘訣が良く見えてくるでしょう。ピーター・ティールはドイツに生まれた人物で、本書のオリジナルはドイツ語で書かれています。とても良い内容なのですが、ドイツ語からの翻訳の為か数字の間違いが随所に目立つことだけが玉に瑕です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

UPSTARTS

UPSTARTS UberとAirbnbはケタ違いの成功をこう手に入れた

★★★★

今や関連するニュースを見ない日はないほどに世界中で話題を席巻しているシェアリングエコノミーの雄、配車サービスのウーバーと、民泊サービスのエアビーアンドビー(以下エアビー)の創業期からの歩みがまとめられた好著です。両社ともに創業から10年もたたないうちに、ウーバーが企業価値約600億ドル(約6.4兆円)、エアビーが同約300億ドル(約3.2兆円)と、未上場企業の中でグローバルトップ10に入る急成長を遂げています。

ただ、その歩みは紆余曲折の極みでした。どちらも、タクシーとホテル業界という歴史が非常に古く、さらに政治的な影響力の強い既得権益ホルダーと正面から利害がぶつかるために、進出する度に各都市で大きな軋轢を生んできました。いくつかの国や都市では両サービスを全面的に禁じる法規制が新たに制定され、またそこまで規制が強化されなくとも歯止めをかける議論は依然活発に行われています。

しかしながら、いくら規制を強化しようとも、この両サービスを日常的に使っている立場からすると、テクノロジーの発展はとめられず、シェアリングエコノミー拡大の流れは止められないと確信しています。そのことを示すかのように、直近ではオフィスのシェアリングサービスであるウィワークが、この両社を企業価値で抜き去る勢いで成長しています。

本書を読んで感じたことは、アメリカというシステムの途轍もない強さです。規制側も何とか新たなチャンスを活かして稼ぐにはという意識に満ちていて、実際に規制当局から両社に転身して活躍している人物が何人も出てきます。立場が異なる様々な役者が入れ替わりながら、ビジネスの成長という1点で合致して猛烈な勢いで前に進んでいくアメリカの凄みが存分に味わえます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

サピエンス全史

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

★★★★

人類が種として確立してから現代にいたるまでの250万年の歩みを縦横無尽に語った壮大なスケールの作品で、世界中のリーダーから大絶賛されたことでベストセラーとなっています。

移動の連続で中々こうした大著を読み切るタイミングがなかったのですが、日本に年末年始に滞在した時を活かして読み切りました。各界で絶賛されていたことで期待値は相当に高かったのですが、その期待にたがわない示唆に富んだ内容でした。

様々な旧人類の中からホモサピエンスが生き残ったのはイメージを共有する能力であった、人類の数を大幅に増やすことを可能にした農業革命は個々人の生活レベルを実は大幅に引き下げる負の側面もあったなど、驚愕の事実が次々と豊富なデータや事例をもとに語られていて、読んでいてさらに調べたくなる事象が沢山見つかる知的刺激に満ちた作品です。

前半は人類のこれまでの長い歩みについて、後半は現代社会を語る上で欠かせない科学や経済について記述が割かれています。本書の最終章は「神になった動物」ですが、欧米では本書の続編である「ホモデウス」が発売されて、こちらも大きな話題となっています。

ホモサピエンスが種として生き残る原動力となったイメージを共有する力と、AIや遺伝子操作といった最新のテクノロジーが組み合わさった時に、人類はどのような存在となるのかというこちらも途轍もないスケールの作品のようですから、今年9月の日本語版の発売を楽しみに待っています。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ギリシャ人の物語Ⅲ

ギリシア人の物語III 新しき力

★★★★

ルネッサンスを生き生きと描く著作群で世に知られるようになって、全15冊からなるローマ人の物語で当代随一の歴史エッセイストとしてのポジションを確立した塩野七生さんの最後の長編エッセイです。

塩野さんの作品は十字軍に関する著作を除いてほぼ全て読んできているので、彼女の最後の作品というだけでジンとしながら読み進めましたが、本作ではアレクサンダー大王という人類の歴史でも屈指の傑出した個が登場するので、塩野さんの真骨頂といえる魅力的な個人を軸とした歴史物語が存分に展開されています。

ローマ人の物語の中でも、カエサルの巻が傑出した出来ばえであることは読者の多くの意見が一致するところでしょうが、ギリシャ人の物語の3部作の中でもアレクサンダー大王という存在により本作が最も魅力的という意見がほとんどでしょう。

他の2作でもテミストクレスなど、著者の思い入れが強い人物に関する記述は魅力的でしたが、それ以外は個人名と歴史的な事実の羅列で読みづらい部分も見受けられました。その点では本作の8割方はアレクサンダー大王と、その父フィリッポス二世の記述に割かれていて、まるで映像作品のようにこの親子の鮮やかな会戦シーンが次々と描かれているので、前2作よりはるかにスムーズに読了しました。

それでも、ローマ人の物語と比較すると迫真さに欠けることは否めませんが、80歳という著者の年齢を考えるとここまでの大部を毎年仕上げる気力には脱帽せざるをえません。もう、塩野さんの長編エッセイは読めないので、今年は時間を見つけて彼女の長編作品で唯一読んでいない十字軍物語にチャレンジしたいと考えています。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

世界のエリート投資家は何を考えているのか、何を見て動くのか

世界のエリート投資家は何を見て動くのか: 自分のお金を確実に守り、増やすために (単行本)

レベル3 ★★★★

著者は米国で有名な自己啓発のセミナー講師で、この情報とタイトルを見ると薄っぺらいマネー啓発本かと錯覚しますが、内容は今の金融界を代表する大物たちに著者自らが長時間にわたって取材した内容に基づいた、骨太な投資入門書に仕上がっています。

流石に著名な自己啓発セミナー講師だけあって、大物たちのお金や投資に関する専門的なアドバイス内容が細かい章立てで、かつ平易な言葉でかみ砕かれて説明されているので、こうした投資本をあまり読んだことがない読者にもとっつきやすいでしょう。

ウォーレン・バフェットやレイ・ダリオといった著名投資家だけでなく、格安のインデックス商品を数多く出しているバンガード社の創業者ジョン・C・ボーグルや大手ネット証券の創業者チャールズ・シュワブなど、個人の投資インフラの整備に貢献したサービサー側にも話をきちんと聞いていて、投資の玄人にとっても学びがあります。

惜しむらくは日本語のタイトルで、原題はMoney Master The Gameとシンプルに投資のプロフェッショナルのエッセンスが詰まった書籍であることが伝わる内容になっているのに対して、だらだらと長い割には読者ターゲットが見えず、個人投資家の多くがスルーしてしまうのではないかと懸念しています。

上記のように投資の初心者から上級者までテンポよく、新たな知識が身に着けられる良書ですから、1人でも多くの読者が手に取ることを願っています。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Shoe Dog

SHOE DOG(シュードッグ)

レベル4 ★★★★

題名を日本語に訳すと「シューズ馬鹿」といったニュアンスで、ナイキの創業者であるフィル・ナイト氏が自ら執筆した伝記です。もちろんここでの馬鹿には、没頭して夢中になっている様子を表す愛すべきニュアンスが込められています。

今やシューズだけでなくスポーツ用品全般においてもナイキは世界最大のプレーヤーとなっていますが、創業は1960年代とアディダスやプーマといった欧州の大手はもちろん、アシックスといった日本のメーカーからもはるか後れを取っていたところからのスタートでした。それどころか、フィル・ナイト氏自身が起業するきかっけになったのは、アシックスの前進であったオニツカタイガーのシューズを日本で見て気に入り、米国の西海岸で販売代理店を任せてもらったところからでした。

その後、アシックスとは決裂してしまいますが、日商岩井が商品の調達だけでなく資金調達などファイナンス面を支えたことで、ナイキが世界的な企業に成長していくなど、ナイキは創業当初からずっと日本と深いかかわりを持っています。日商岩井への感謝の思いは本書でも度々出てきますし、ナイキの本社にある日本庭園には日商岩井という名前が冠されているほどです。

世界的な起業家の自伝というと超人的な才能を持った人物による成功譚というイメージを持つかもしれませんが、本書は全く違うテーストです。本書のほぼ全ての記述は創業前夜から1970年代におけるナイキの黎明期についてで、成り行きで起業することになったナイト氏があらゆるトラブルに見舞われ、のたうちながら一歩一歩前進してきたことが分かる迫真の記述には、こちらも創業前後のことが思い出されて胸が苦しくなるほどでした。

ナイト氏以外もナイキの創業メンバーは、異常な肥満漢や手紙魔、さらには車いすに乗った障害者など、通常の企業では異端とされる人ばかりです。そうした凸凹チームが今の世界的企業を作り上げた事には多くの読者が驚きを感じるでしょう。起業に関心がなくともビジネスパーソンが読めばほとんどの人に学びがある素晴らしい作品です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Airbnb Story

Airbnb Story 大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法

★★★★

日本では民泊と呼ばれる一般の住居を旅行者に貸し出すシェアリングサービスの世界最大手Airbnb(エアビーアンドビー)の創業物語です。日本では、ウーバーやエアビーが原則禁止されているために国内で生活しているとシェアリングビジネスのインパクトについては把握できませんが、世界中でもはや新たなインフラと呼べるほどの存在感となっています。

私たちもよほど特別な体験をさせてくれるホテルを除いて、外国を旅行するときはエアビーを使うようになっています。ホテルより圧倒的に安く、かつ住居なので広いスペースを使えることが魅力です。周りにレストランが多い都市部であれば食事をするにも困りませんし、デパートなどで買ってきたり、宅配を頼んだりすることもできてその日の気分で柔軟な旅ができます。

配車アプリの最大手であるウーバーの創業者トラヴィス・カラニックと違って、エアビーの創業者はあまりメディアで取り上げらないので、これまでプロフィールについては何も知りませんでしたが、デザインを学んだ2人とエンジニアというスタートアップの創業者としてはユニークなバックウラウンドのトリオです。

金融危機後の節約志向と、SNSの浸透によるオープンなマインドの若者を中心にエアビーは爆発的に普及して、創業からわずか8年で企業価値は300億ドル(約3.3兆円)を超えるところまで成長してきています。本書では、この超有望企業が上記のようにビジネスとは縁遠いバックグラウンドで、かつビジネス経験もほとんどなかった創業者たちにより、どのように成長してきたのか詳細にまとめられています。

本書を読んで感じるのはシリコンバレーのスタートアップを成長させる生態系の分厚さです。エアビーの創業者たちも倒産寸前のところから、世界で最も名高いスターターであるYコンビネーターのプログラムに参加したことが転機となって成長軌道に乗り、シェアリングサービスという新しい産業において急成長する中で生まれる様々な軋轢に対して、先輩起業家やベンチャー投資家からのアドバイスで切り抜けることが出来ました。

本書を読むと未だシェアリングサービスの利用自体を厳しく規制する日本政府の姿勢に暗澹たる気持ちにさせられます。既得権益との衝突がありながらも、消費者からの支持を背景に柔軟に制度設計をして有望ベンチャーを世界的な企業に成長させている米国のベンチャー産業と当局の凄みにしばらく米国経済の優位は揺るがないと感じさせられます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

生涯投資家

生涯投資家

レベル3 ★★★★

10年ほど前にライブドアのホリエモンと並んで、日本の経済界を大きく揺るがせた村上ファンドの創業者である村上世彰氏の初めての自伝です。私が外資系のコンサルティング会社や金融会社を就職活動で回っているタイミングで村上氏はメディアで大きく取り上げられていて、さらに中学高校の先輩でもあるので、強く印象に残っています。

日本放送を巡るインサイダー取引で有罪判決を受けて村上ファンドが解散してからの10年間はほとんど活動がクローズアップされることはありませんでしたが、村上氏の娘さんが代表を務めるファンドがここ数年いくつかの会社で株主提案をしたことで再び注目を浴びました。

本書を読んで伝わってくることは、村上氏のコーポレートガバナンスに掛ける思いの強さです。そして、村上ファンドの活動が議論のきっかけとなって、日本でも株主に配慮する経営がこの10年でかなり意識されるようになり、ROEなどの定量指標にもそのことは表れてきています。

ただ、米国と比較したときのコーポレートガバナンスの充実度の差は、この10年でも埋まっていないどころか逆に開いているように感じます。村上氏が本書を執筆するきっかけになった娘さんのファンドへの納得感に欠ける強制捜査と、その後の娘さんを襲った悲劇には胸が締め付けられます。10年前の村上ファンドの裁判においても、既得権益を脅かされている日本の財界の感情的な反発の影響を色濃く感じましたし、その時の恐怖感が今でも財界や当局にも残っているからこその、見せしめ的な捜査としか考えられないでしょう。

そうした強い逆風を受けても村上氏とそのお子さんたちの、日本企業のコーポレートガバナンスを米国並みにしたいという情熱には頭が下がります。村上氏と同じくシンガポールをベースにする者としては、合理性に欠け未だに既得権益とそれを支える感情論が根強い日本のマーケットについての問題意識には強く共感できます。ただ、私自身は日本企業が今後ドラスティックに変革することについて国全体の存亡が揺るがされるようなガラポンしかないとほぼ諦めているのですが、あれだけの反発を受けても日本で活動し続けている村上ファミリーには驚嘆するほかありません。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

数学的な宇宙

数学的な宇宙 究極の実在の姿を求めて

★★★★

難しそうなタイトルの大著ですが、期待にたがわぬ骨太な大作です。著者は情報理論からのアプローチで宇宙の姿を解き明かす気鋭の物理学者です。現在はMITの教授を務めていますが、最新の宇宙理論について極力専門的な用語や記述を排して、分かりやすく解説してくれています。

これまでも私たちが暮らす宇宙は、多世界のうちの1つである可能性が高いという話は数多くの本で読んできましたが、本書ではそうした物理的な多世界のもっと根底には数学的構造が異なる多世界が広がっているという新たな仮説が展開されています。

ただ、その著者の最新の仮説に行きつくまでに、なぜこの宇宙は多数の宇宙の中の1つに過ぎないと多くの物理学者が考えているのか、量子力学や宇宙論の発展のプロセスを丹念に追いながら解説してあるので、素人にも議論の過程が追いやすくなっています。

普段、マーケットという短期的な事象を相手にしていると、本書のような宇宙論を読むと視野が広がってとても良い知的なリフレッシュとなるのですが、本書の最後で滔々と展開されている数学的構造の多世界理論はこれまで目にした宇宙論の中で最も壮大なフレームワークで、思わず息が深くなりました。

この仮説が裏付けられるような検証が生きている間になされるととても興奮するだろうなと楽しみにしています。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > 書評 > ★★★★

ページの上部に戻る