ホーム > 書評 > ★★★★

★★★★のアーカイブ

Shoe Dog

SHOE DOG(シュードッグ)

レベル4 ★★★★

題名を日本語に訳すと「シューズ馬鹿」といったニュアンスで、ナイキの創業者であるフィル・ナイト氏が自ら執筆した伝記です。もちろんここでの馬鹿には、没頭して夢中になっている様子を表す愛すべきニュアンスが込められています。

今やシューズだけでなくスポーツ用品全般においてもナイキは世界最大のプレーヤーとなっていますが、創業は1960年代とアディダスやプーマといった欧州の大手はもちろん、アシックスといった日本のメーカーからもはるか後れを取っていたところからのスタートでした。それどころか、フィル・ナイト氏自身が起業するきかっけになったのは、アシックスの前進であったオニツカタイガーのシューズを日本で見て気に入り、米国の西海岸で販売代理店を任せてもらったところからでした。

その後、アシックスとは決裂してしまいますが、日商岩井が商品の調達だけでなく資金調達などファイナンス面を支えたことで、ナイキが世界的な企業に成長していくなど、ナイキは創業当初からずっと日本と深いかかわりを持っています。日商岩井への感謝の思いは本書でも度々出てきますし、ナイキの本社にある日本庭園には日商岩井という名前が冠されているほどです。

世界的な起業家の自伝というと超人的な才能を持った人物による成功譚というイメージを持つかもしれませんが、本書は全く違うテーストです。本書のほぼ全ての記述は創業前夜から1970年代におけるナイキの黎明期についてで、成り行きで起業することになったナイト氏があらゆるトラブルに見舞われ、のたうちながら一歩一歩前進してきたことが分かる迫真の記述には、こちらも創業前後のことが思い出されて胸が苦しくなるほどでした。

ナイト氏以外もナイキの創業メンバーは、異常な肥満漢や手紙魔、さらには車いすに乗った障害者など、通常の企業では異端とされる人ばかりです。そうした凸凹チームが今の世界的企業を作り上げた事には多くの読者が驚きを感じるでしょう。起業に関心がなくともビジネスパーソンが読めばほとんどの人に学びがある素晴らしい作品です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Airbnb Story

Airbnb Story 大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法

★★★★

日本では民泊と呼ばれる一般の住居を旅行者に貸し出すシェアリングサービスの世界最大手Airbnb(エアビーアンドビー)の創業物語です。日本では、ウーバーやエアビーが原則禁止されているために国内で生活しているとシェアリングビジネスのインパクトについては把握できませんが、世界中でもはや新たなインフラと呼べるほどの存在感となっています。

私たちもよほど特別な体験をさせてくれるホテルを除いて、外国を旅行するときはエアビーを使うようになっています。ホテルより圧倒的に安く、かつ住居なので広いスペースを使えることが魅力です。周りにレストランが多い都市部であれば食事をするにも困りませんし、デパートなどで買ってきたり、宅配を頼んだりすることもできてその日の気分で柔軟な旅ができます。

配車アプリの最大手であるウーバーの創業者トラヴィス・カラニックと違って、エアビーの創業者はあまりメディアで取り上げらないので、これまでプロフィールについては何も知りませんでしたが、デザインを学んだ2人とエンジニアというスタートアップの創業者としてはユニークなバックウラウンドのトリオです。

金融危機後の節約志向と、SNSの浸透によるオープンなマインドの若者を中心にエアビーは爆発的に普及して、創業からわずか8年で企業価値は300億ドル(約3.3兆円)を超えるところまで成長してきています。本書では、この超有望企業が上記のようにビジネスとは縁遠いバックグラウンドで、かつビジネス経験もほとんどなかった創業者たちにより、どのように成長してきたのか詳細にまとめられています。

本書を読んで感じるのはシリコンバレーのスタートアップを成長させる生態系の分厚さです。エアビーの創業者たちも倒産寸前のところから、世界で最も名高いスターターであるYコンビネーターのプログラムに参加したことが転機となって成長軌道に乗り、シェアリングサービスという新しい産業において急成長する中で生まれる様々な軋轢に対して、先輩起業家やベンチャー投資家からのアドバイスで切り抜けることが出来ました。

本書を読むと未だシェアリングサービスの利用自体を厳しく規制する日本政府の姿勢に暗澹たる気持ちにさせられます。既得権益との衝突がありながらも、消費者からの支持を背景に柔軟に制度設計をして有望ベンチャーを世界的な企業に成長させている米国のベンチャー産業と当局の凄みにしばらく米国経済の優位は揺るがないと感じさせられます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

生涯投資家

生涯投資家

レベル3 ★★★★

10年ほど前にライブドアのホリエモンと並んで、日本の経済界を大きく揺るがせた村上ファンドの創業者である村上世彰氏の初めての自伝です。私が外資系のコンサルティング会社や金融会社を就職活動で回っているタイミングで村上氏はメディアで大きく取り上げられていて、さらに中学高校の先輩でもあるので、強く印象に残っています。

日本放送を巡るインサイダー取引で有罪判決を受けて村上ファンドが解散してからの10年間はほとんど活動がクローズアップされることはありませんでしたが、村上氏の娘さんが代表を務めるファンドがここ数年いくつかの会社で株主提案をしたことで再び注目を浴びました。

本書を読んで伝わってくることは、村上氏のコーポレートガバナンスに掛ける思いの強さです。そして、村上ファンドの活動が議論のきっかけとなって、日本でも株主に配慮する経営がこの10年でかなり意識されるようになり、ROEなどの定量指標にもそのことは表れてきています。

ただ、米国と比較したときのコーポレートガバナンスの充実度の差は、この10年でも埋まっていないどころか逆に開いているように感じます。村上氏が本書を執筆するきっかけになった娘さんのファンドへの納得感に欠ける強制捜査と、その後の娘さんを襲った悲劇には胸が締め付けられます。10年前の村上ファンドの裁判においても、既得権益を脅かされている日本の財界の感情的な反発の影響を色濃く感じましたし、その時の恐怖感が今でも財界や当局にも残っているからこその、見せしめ的な捜査としか考えられないでしょう。

そうした強い逆風を受けても村上氏とそのお子さんたちの、日本企業のコーポレートガバナンスを米国並みにしたいという情熱には頭が下がります。村上氏と同じくシンガポールをベースにする者としては、合理性に欠け未だに既得権益とそれを支える感情論が根強い日本のマーケットについての問題意識には強く共感できます。ただ、私自身は日本企業が今後ドラスティックに変革することについて国全体の存亡が揺るがされるようなガラポンしかないとほぼ諦めているのですが、あれだけの反発を受けても日本で活動し続けている村上ファミリーには驚嘆するほかありません。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

数学的な宇宙

数学的な宇宙 究極の実在の姿を求めて

★★★★

難しそうなタイトルの大著ですが、期待にたがわぬ骨太な大作です。著者は情報理論からのアプローチで宇宙の姿を解き明かす気鋭の物理学者です。現在はMITの教授を務めていますが、最新の宇宙理論について極力専門的な用語や記述を排して、分かりやすく解説してくれています。

これまでも私たちが暮らす宇宙は、多世界のうちの1つである可能性が高いという話は数多くの本で読んできましたが、本書ではそうした物理的な多世界のもっと根底には数学的構造が異なる多世界が広がっているという新たな仮説が展開されています。

ただ、その著者の最新の仮説に行きつくまでに、なぜこの宇宙は多数の宇宙の中の1つに過ぎないと多くの物理学者が考えているのか、量子力学や宇宙論の発展のプロセスを丹念に追いながら解説してあるので、素人にも議論の過程が追いやすくなっています。

普段、マーケットという短期的な事象を相手にしていると、本書のような宇宙論を読むと視野が広がってとても良い知的なリフレッシュとなるのですが、本書の最後で滔々と展開されている数学的構造の多世界理論はこれまで目にした宇宙論の中で最も壮大なフレームワークで、思わず息が深くなりました。

この仮説が裏付けられるような検証が生きている間になされるととても興奮するだろうなと楽しみにしています。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

フェイスブック 不屈の未来戦略

フェイスブック 不屈の未来戦略 (T's BUSINESS DESIGN)

★★★★

フェイスブックの経営について書かれた本はあまたありますが、この本を際立たせているのは著者が経営幹部としてフェイスブックで長く働いた経験を持っていることです。ザッカーバーグやサンドバーグを始めフェイスブックを率いるリーダーたちを近くから見ていただけあって、フェイスブックのここまでの歩みについて迫真の描写が随所に展開されています。

世界の時価総額ランキングは、米国のテック企業が独占しています。その中でも本書で取り上げられているフェイスブックに、アップル、グーグル、マイクロソフト、アマゾンの5社は、事業規模でも技術的な先進度でも、さらには創業者のカリスマ性でも傑出していて、FAMGAと総称されています。

ただ、フェイスブックがこのように米国を代表するテック企業に登り詰めるまでには多くの紆余曲折がありました。今ではフェイスブックユーザに当たり前となっているニュースフィードも導入当初は強い反発にあいましたし、創業当初には今やほぼ姿を消してしまったマイスペースが先行していました。

上場直後にもモバイルシフトへの懸念が拡大して株価は半値以下にまで下がりましたし、ツイッターやスナップチャットという新興のSNSにとってかわられるという観測も定期的に浮上しました。しかし、ザッカーバーグを始めフェイスブックのリーダーたちはこれらの危機を見事に切り抜け、ワッツアップやインスタグラムという潜在競合も自社に取り込んでさらに成長させ、今や世界のデジタル広告市場をグーグルと2分するまでになっています。

本書ではなぜこのような成長をフェイスブックが成し遂げられたのか、当時の社内の声を多数引用しながら鮮やかに描かれ、まるで社内で自分が同じ成長を共有したかのようによく理解できます。フェイスブックを始め米国のテック企業に関心のある人はもちろん、業種を問わず起業や経営に興味がある人には必読の超オススメ本です。

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

孫正義 300年王国への野望

孫正義 300年王国への野望

★★★★

3兆円でのアーム社の買収や10兆円ファンドの設立など、ますます活動のスケールが拡大しているソフトバンクの孫社長ですが、これまでにも彼の生い立ちやキャリアについての書籍は数多く出版されてきました。

このブログでもそうした書籍のいくつかを取り上げてきましたが、本書はその中でも傑出した出来栄えです。本書は孫社長のソフトバンク起業当初から現在までのビジネスマンとしてのキャリアを丹念に追っています。これまでの書籍は、孫社長の出自にフォーカスが当たったものが多かったですが、本書ではこれまであまり語られてこなかった創業当初の苦労話が数多く登場します。

今でこそ何兆円ものディールで世界を騒がせている孫社長ですが、創業当初は苦難の連続でその度に恩人が表れて何とか切り抜けていくエピソードの数々には同じ事業を営む者として勇気づけられました。世界に冠たる起業家となった今でもこの頃の恩人への感謝を忘れずに、必ず年1回は御礼をする場を設けているエピソードからも情に厚い孫社長の人柄が伝わってきます。

ニケシュ・アローラ氏への引継ぎやアーム買収の経緯、さらにはトランプ大統領との会談の誰も知らなかった舞台裏など、最新のトピックについても本人や周辺のコメント共に深く切り込まれています。創業期から直近に至るまでの超長期に渡ってこれほど孫社長に肉薄した筆者の取材力には感嘆するしかありません。

世の中から見れば極貧の幼少期から世界的な大富豪にまで上り詰めた超サクセスストーリーですが本人は全く満足していないことが分かります。多くのビジネスマンに前向きなパワーを与えてくれる力作ですから多くの人に手に取ってほしいと感じました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

大統領を操るバンカーたち

大統領を操るバンカーたち(上)──秘められた蜜月の100年大統領を操るバンカーたち(下)──秘められた蜜月の100年

レベル3 ★★★★

日本語のタイトルを見ると怪しげな陰謀論と思う人もいるかもしれませんが、上下巻で800ページにもなる大作で、20世紀初頭からリーマンショックとその後まで100年以上に渡るウォール街と時の政権との関係が詳細にまとめられた大著です。

本書は米国の政治と金融との関係がメインテーマですが、米国の金融史を一気通貫で学ぶ上でも非常に参考となります。米国は20世紀以降、1907年、1929年、1973年、2000年、2007年と5回の金融危機を経験していますが、その時のマーケットの状況がどうだったのか、そして当時の政権がどのように金融界と一体となって危機の収束に尽力したのかがよく分かります。

最初の1907年の金融危機の際には、ウォール街の最高神とも称されたJPモルガンが個人宅に金融界の重鎮を集めることで危機の収束にあたります。1929年の大恐慌は、上記の5回の金融危機の中でも最悪の金融危機であったため、何人もの大統領が問題解決に尽力するも、第二次大戦まで悪影響が尾を引いたことが、時系列でまとめられています。

本書を読むと、20世紀に2度の世界大戦を乗り越え、米国が世界の最強国に登り詰める過程において、いかにウォール街が大きな役割を果たしのかがひしひしと伝わってきます。ただ、時代とともに大統領たち政権メンバーと金融界の関係性は変容してきています。

上記のように20世紀前半の金融危機では大統領と金融界の重鎮との個人的関係が重きをなしていたのに対して、近年は米国の金融業は巨大な権力システムとなり、時の政権はなるべく金融界に自由にさせることのみにフォーカスするようになってきています。

そして、旧権力の打破を訴えてトランプ政権でも、ゴールドマン・サックスやPEファンドを中心とした金融出身のメンバーが経済閣僚の中枢を占め、この状況に拍車が掛かっているように見えます。リーマンショックを中心としたサブプライム危機により、米国を始め世界全体の経済が深く傷ついたにもかかわらず、禊もほとんどなくさらに力を強めている米国の金融業界が今後どのように変容していくのか、100年にわたる歴史を学ぶことで予見できることは多いでしょう。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ギリシャ人の物語2

ギリシア人の物語II 民主政の成熟と崩壊

★★★★

全15冊からなる「ローマ人の物語」があまりに名高い塩野七生さんのギリシャ人の物語の2作目です。前作が、ペルシャ戦役が中心であったところから、本作では民主主義の巨人ペリクレスを中心として、アテネにおける民主制に焦点があたっています。

ローマ人の物語はもちろん、ルネッサンス期に関する著作など、塩野さんの作品はほぼ全て読破しています。厳密に歴史を追っていくのではなく、まるで眼前に展開されているかの如く、数百年/数千年前のドラマが生き生きとした人物描写により展開されるので、歴史の流れがすっと頭に入ってきます。

同時に、人の世の物語は時代を超えた普遍性があり、読後に様々なことを考えさせられます。まるで、今の世界の流れを予測していたように、本作では民主主義により興隆したアテネが民主主義により没落していく姿が描かれています。誰しもトランプ大統領の米国や、ブレグジット後の英国の行く末と重ね合わせる部分があるでしょう。

ただ、こうした憂鬱な読後感だけでありません。塩野さんはローマ人の物語のカエサルやルネッサンス期のチェーザレ・ボルジアに代表されるように、自身が敬愛する人物の描写が白眉ですが、本書にはアルキビアデスという魅力的な人物が登場し、彼に関する描写はやはり冴えわたっています。

次回作は1年後となるようですが、アレクサンダー大王が登場するようです。麒麟児が大好きな塩野さんが、この人類の歴史上でも最高の部類の麒麟児をどのように描くのか今から楽しみです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで(上)スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで(下)

★★★★

ウォルター・アイザックソン氏による公認伝記が出版されてから5年が経過しましたが、スティーブ・ジョブズ氏と長く付き合いのあったビジネス誌のライターによる新たな伝記です。アイザックソン氏の伝記は世界中で大ベストセラーとなりましたが、その内容については出版直後から賛否両論が巻き起こりました。特に、ジョブズ氏と親交が深かった周囲の人からの評判はあまり芳しくありませんでした。

アイザックソン氏はジョブズ氏からのリクエストで、人生の最後の3年間において密着取材をして公認伝記を書き上げました。ジョブズ氏を良く知る周囲の人にも多くの取材をしたようですが、どうしても昔からの知り合いではないために、「現実歪曲フィールド」に代表されるジョブズ氏のエキセントリックなところを強調した表現が前面に出ていて、そのことが親しい人にとってはジョブズ氏の良い面を消してしまっていると感じたようです。

その点で本書は、ジョブズ氏がアップルを創業して追放される前からインタビューをしたことがあり、ジョブズ氏からの信頼を得て彼の人生の重要な局面を常に取材をしてきた2人による作品であるので、昔はエキセントリックであったジョブズ氏が多くの苦難を乗り越える中でどのように成熟してきたのか、その軌跡が詳細にまとめられています。

アイザックソン氏が描くジョブズ像では、アップル復帰後に多くの才能を束ねてアップルを世界一の企業に押し上げることは不可能だったでしょう。もちろん、ジョブズ氏のリアルな振る舞いを知っている著者による作品だけに、人生の最終局面においてもジョブズ氏が人格上の色々な問題を抱えていたことはきちんと指摘されています。

それでも、相手のことを思いやる優しさをきちんとジョブズ氏が育んできたからこそ、アップル復帰後にあそこまでの成功をおさめられたことが、本書によりよく分かりました。ビジネスマンとしては、公認伝記よりも一人の偉大な起業家の成長の軌跡がよりリアルに分かるこちらの著作の方が、参考になる部分が多かったと感じました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

数学の大統一に挑む

数学の大統一に挑む

★★★★

邦題は大仰ですが、原題はLove and Mathと親しみやすくなっています。日本語のタイトルでは本書の大きな2つの軸の内の1つであるラグランジュプログラムのことしか伝わらず、不満が残るところです。

ラグランジュプログラムとは、数学において代数や幾何、数論といった全く別とされていた分野間に驚くべき類似性があり、この類似性の研究を推し進めて数学の全分野にわたる統一理論を作り上げるという野心的な研究プログラムです。

この統一理論という発想は元々物理で生まれました。この世の中に存在する重力/電磁気力/強い力/弱い力を1つの方程式で説明するという統一理論は、ここ100年にわたる物理界の悲願で、アインシュタインもこの研究に後半生をささげましたが、ほとんど何の成果も得られなかったほど難解です

ラグランジュプログラムはこの数学版と言えます。そして、最近ではこのラグランジュプログラムが数学の枠にとどまらず、物理における統一理論の有力候補である超ひも理論など、最新の物理理論にも関係することが分かってきました。物理・数学の両面において傑出した業績を残し地球上でもっとも頭の良い人間とされるエドワード・ウィッテンが、著者の説得によりラグランジュプログラムへの参加を決断するシーンは、数学ファンであれば鳥肌が立つでしょう。

こう書いてくると本書は難解な現代数学についての書籍と感じるかもしれませんが、英語の原題にあるようにラグランジュプログラムは縦糸にすぎず、本書を並みの数学書と決別させているのは、著者の数学に対する愛が横糸として織り込まれていることです。

著者はユダヤ人として冷戦下のロシアの片田舎に生まれ、本来数学を学ぶことが許されない立場でした。モスクワ大学の受験時にありとあらゆる嫌がらせを受けて、傑出した数学の才能を持っているにもかかわらず、入学試験に落とされるシーンは胸に苦しさを覚えるほど辛い内容です。しかし、著者はもちろん周囲の人の限りない数学への愛により、モスクワ大学に進学できなくても素晴らしい数学教育を受けられ、最終的にハーバード大学にポストを得たことで一流数学者への道が開かれました。著者は上記のラグランジュプログラムの中枢の1人として活躍しています。

第一線で活躍する数学者でありながら、本書のような広い読者向けの書籍の執筆や数学をテーマとした映画製作まで活動を広げているのは、人生を救ってくれた数学というかけがいのない存在の魅力を、1人でも多くの人に知ってほしいという著者の情熱から来るのでしょう。

https://newspicks.com/news/1535583/body/?ref=searchからの転載

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

素数の音楽

素数の音楽 (新潮文庫)

★★★★

21世紀を迎えて最も重要かつ未解決の7つの数学の問題を、クレイ数学研究所はミレニアム問題として選びました。この内ポアンカレ予想だけはペレリマンにより証明されましたが、他の6つの問題は2016年時点で未だ証明も否定もされていません。

2,000年以上にわたる数学の歴史において、人類が解決できていない最も重要なこの6つの問題の中でも、最も重要なモノはどれか数学者にアンケートをとると、ほぼ全員が本書のテーマである素数と関係するリーマン予想と答えるでしょう。

本書では2,000年以上前に古代ギリシャ人が素数というモノを見つけてから、素数の分布について19世紀の天才数学者リーマンが残した予想に至るまで、人類が素数とどのように向き合ってきたのかが簡潔かつ時系列に沿って分かりやすくまとめられています。

現代数学はこのリーマン予想が正しいことを前提として、その上に数千の理論を打ち立てることで発展してきています。現代数学の根幹をなしているリーマン予想ですが、情報技術があまねく浸透している現代社会のインフラにも関係しています。それはオンラインでのコミュニケーションや決済に不可欠な暗号技術に、巨大な素数が用いられているからです。本書では数学理論としての素数だけではなく、社会において素数がどのように用いられているのかにも詳しく、IT技術への洞察も深められます。

金融の世界においても、数学の重要性は高まるばかりです。昨年半ば以降大荒れとなっている金融市場ですが、数学に長けた人材を集めたアルゴリズム取引のヘッジファンドの多くは安定したリターンを上げています。テクノロジーにおいても、金融においても重要性を増している数学の本質に触れられる良書です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

インテル

インテル 世界で最も重要な会社の産業史

★★★★

今や世界でその社名を知らない者はほとんどいないインテルの創業当時からの現在までの歩みをまとめた、600ページ2段組の超大作です。本書の原題は”Intel Trinity”というタイトルで、インテルを作り上げた3人のリーダー(ロバート・ノイス、ゴードン・ムーア、アンディ・グローブ)をそれぞれ、キリスト教の三位一体における父(ノイス)、子供(グローブ)、精霊(ムーア)に例えて、どのようにインテルという世界最強の半導体メーカーが発展してきたのか、この3名を軸に網羅的にまとめられています。

この3人のキャリアは、そのまま人類が半導体をどのように生み出し、洗練させてきたのかと重なります。ノイスはIC(集積回路)を発明し、短命であったため惜しくも受賞を逃しましたが、ノイスとは別にICを発明し2000年にノーベル物理学賞を受賞したジャック・キルビーも認めたように、長生きしていれば確実にノーベル受賞者に名を連ねた天才科学者でした。リーダーとしても傑出していて、スティーブ・ジョブズのメンターとして知られ、80年代後半に日本企業の攻勢にさらされ、弱体化していた米国の半導体産業を復活させる旗印となったことは本書にも詳しいです。

ゴードン・ムーアも、提唱から40年経過するのに未だに当てはまり続けているムーアの法則「18~24ヵ月ごとに集積回路に搭載されるトランジスタの数は倍になる」で、これからも人類の文明が続く限りその名が残る偉大な科学者です。また、トリニティにおける精霊に例えられるように、人格者としても高く評価されています。

そして最後のアンディ・グローブは第二次大戦下のハンガリーにユダヤ人として生まれ、数々の迫害を逃げ延びながら米国にたどり着き、ノイスとムーアと出会ってインテルに創業時から在籍し、CEOを長く勤めてインテルを一ベンチャーから世界最高の半導体メーカーに育て上げるというこちらも傑出した人生を歩みました。

著者は1970年代から長くシリコンバレーで活躍するジャーナリストで、インテルを軸にここ50年近くのシリコンバレーの発展ぶりが詳細に把握できる稀有な作品に仕上がっています。インテルのトリニティが居なければ、現在のアップルもグーグルもフェイスブックも今の形とはなっておらず、シリコンバレーはもちろん広く全世界がこの3名の影響を強く受けています。シリコンバレーのベンチャーを継続的に生み出す力、引いては米国経済を世界最強足らしめている原動力とはどのようなものか知りたい方には必読の素晴らしい著作です。

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > 書評 > ★★★★

ページの上部に戻る