ホーム > 書評 > レベル4

レベル4のアーカイブ

Shoe Dog

SHOE DOG(シュードッグ)

レベル4 ★★★★

題名を日本語に訳すと「シューズ馬鹿」といったニュアンスで、ナイキの創業者であるフィル・ナイト氏が自ら執筆した伝記です。もちろんここでの馬鹿には、没頭して夢中になっている様子を表す愛すべきニュアンスが込められています。

今やシューズだけでなくスポーツ用品全般においてもナイキは世界最大のプレーヤーとなっていますが、創業は1960年代とアディダスやプーマといった欧州の大手はもちろん、アシックスといった日本のメーカーからもはるか後れを取っていたところからのスタートでした。それどころか、フィル・ナイト氏自身が起業するきかっけになったのは、アシックスの前進であったオニツカタイガーのシューズを日本で見て気に入り、米国の西海岸で販売代理店を任せてもらったところからでした。

その後、アシックスとは決裂してしまいますが、日商岩井が商品の調達だけでなく資金調達などファイナンス面を支えたことで、ナイキが世界的な企業に成長していくなど、ナイキは創業当初からずっと日本と深いかかわりを持っています。日商岩井への感謝の思いは本書でも度々出てきますし、ナイキの本社にある日本庭園には日商岩井という名前が冠されているほどです。

世界的な起業家の自伝というと超人的な才能を持った人物による成功譚というイメージを持つかもしれませんが、本書は全く違うテーストです。本書のほぼ全ての記述は創業前夜から1970年代におけるナイキの黎明期についてで、成り行きで起業することになったナイト氏があらゆるトラブルに見舞われ、のたうちながら一歩一歩前進してきたことが分かる迫真の記述には、こちらも創業前後のことが思い出されて胸が苦しくなるほどでした。

ナイト氏以外もナイキの創業メンバーは、異常な肥満漢や手紙魔、さらには車いすに乗った障害者など、通常の企業では異端とされる人ばかりです。そうした凸凹チームが今の世界的企業を作り上げた事には多くの読者が驚きを感じるでしょう。起業に関心がなくともビジネスパーソンが読めばほとんどの人に学びがある素晴らしい作品です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Hard Things

HARD THINGS

レベル4 ★★★★

自分で立ち上げた会社を16億ドル(約2,000億円)以上で売却し、現在は世界有数の大手ベンチャーキャピタル(VC)を率いる人物が著者と書くと、よくある成功譚と思う人もいるでしょう。しかし、本書は上記の成功に関する記述は全くなく、起業後から売却にこぎつけるまでの苦労に焦点があたっています。

起業して、VCから初めての出資を受けた直後のミーティングで、CEOであった著者への最初の質問が「いつ本物のCEOを雇うのか」であったこと、会社が順調に成長し始めた直後にITバブル崩壊が起き大半の社員をリストラせざるを得なくなったこと、技術革新により売上のほとんどを占める事業から撤退し新規事業への転換を求められたこと、新規事業へのシフトが終わるや否や売上の8割を占める最大顧客が購入を停止したいと言ってきたこと、企業売却の土壇場になってこれまで長く付き合ってきた監査法人から財務資料を修正すべきという横やりが入り破断になりそうになったこと等、著者がこれまで経験してきたHard Thingsがこれでもかと詰め込まれています。

著者とは比較にならないサイズですが、事業を営む者としてはその苦境の厳しさが分かるだけに、読んでいて動悸を覚えるほどでした。著者が本書を記した理由は天才や超人ではない自分がこのような苦境の中で、それでも何とか事態を打破させ成長できたことが、多くの起業家に参考になるのではと考えたようですが、確かにその効果は十分にあるでしょう。

ただ、本書を一番読むべきはこれから起業を考えている若者たちです。日本でも若者が起業することが一般的になってきており、世間では起業家というと華麗な成功者のイメージを持つ人も増えてきています。しかし、本書にある通りゼロから事業を起こし世の中に問うていくことは、予想外の問題が噴出し何とか対処する頃にまた次の問題が浮上することの連続です。

私自身、この本を創業から3年目までに読んでいれば、あまりの苦しさに途中で読破をあきらめていたと思います。起業から5年が経ち、少し先のビジョンが見え始めてきた今だからこそ、本書の内容をある程度客観的に受け止め読み進めることができました。

起業家は本書の結びにあるように上記のようなHard Thingsの連続を乗り越え、できれば楽しめるくらいでないと成功できません。一人でも多くの若者が本書を読み、それでも起業することを願っています。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

不動産は「物語力」で再生する

不動産は「物語力」で再生する

レベル4 ★★★

日本へのインバウンド観光や投資が注目される中、円安により海外の主要都市より割安感が高まっている国内不動産への海外からの投資も増えてきています。ただ、そのほとんどは東京都心に集中していて、それ以外ではニセコなど一部のリゾート地に投資対象は限られています。

京都の何有荘という重要文化財にも認定されている庭園を有した邸宅が、3代目のオーナーにより荒れ果ててしまっていたところを再生し、最終的にオラクルの創業者ラリー・エリソンにクリスティーズのオークションを通じて売却することに成功した、奈良で不動産会社を営む川井徳子氏が著者です。

クリスティーズのオークションにおける初期価格は80億円でしたから、おそらくエリソンは100億円以上で何有荘を落札したと見られています。何有荘は元々南禅寺の敷地であったところに、明治初期に近代きっての庭師とされる小川治兵衛により作られ、歴史的価値に加えて立地や希少性に優れた物件ですからここまでの価格となりました。

ただ、その素材だけでは広くクリスティーズを通じてグローバルにその価値を訴求することはできず、川井氏の人並み外れた情熱により今の姿にまで昇華したからこそ、高い評価となったことが本書からよく分かります。川井氏の不動産の本質的価値を見抜く眼力が、その波乱万丈な人生を通じて培われただろうことも印象的でした。

日本のあちこちで、歴史的価値のある不動産が適切に管理されず、荒れ果てるままになっていますが、今や日本国内だけでなくグローバルに日本の歴史的価値がある物件に関心がある投資家は数多くいます。

川井氏のように物件の本質的価値を見抜いて、多大な労力をかけてその魅力を最大限に引き出し、グローバルに訴求することでエリソンのような日本文化を愛する大富豪が購入し、長きにわたって物件が魅力ある状態で維持されていくというケースがもっと増えていけば、インバウンド投資のトレンドが地方再生につながっていくでしょう。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

失われた国家の富

失われた国家の富:タックス・ヘイブンの経済学

レベル4 ★★★

今世界で最も注目されている経済学者トマ・ピケティの弟子によるタックスヘイブンの解説書です。データが入手しづらいため、なかなか経済学者の分析の対象とならないタックスヘイブンですが、本書では世界中の資本と負債/資産の合計額の差を取るという巧妙な手法で、タックスヘイブンに蓄えられている富の額を推定し、タックスヘイブンにより失われている税収を推定しています。

格差を問題視するピケティの弟子で、フランス人の経済学者であるため、スイスやシンガポールを中心として、低税率国に対しては容赦ない批判を浴びせています。一方、フランスをはじめとした高税率国で政府が肥大化し、運営効率が悪くなる問題については全く指摘されていないことは、バランス悪く感じました。

もちろん、世界で最も富む企業や個人が、一般の起業や大衆よりはるかに低い税率しか適用されていないことは到底公平とはいえません。しかし、タックスヘイブンは既に世界の企業経営や金融市場と密接に組み込まれており、一方的に活動を制限すると実体経済に多大な影響が出てしまいます。

本書で提案されているタックスヘイブンの対抗策も、全世界での金融資産の所有者を全て名簿化することやタックスヘイブンへの送金や貿易に多額の税金を課すなど、実体経済への悪影響や手間の問題を考えると実現性があるとは思えないモノばかりです。本分の分量も100ページ強と少なく、あくまでタックスヘイブンに関する議論の入り口だけを提示したという印象を受けました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

アジアシフトのすすめ

アジア・シフトのすすめ (PHPビジネス新書)

★★★

元国会議員で現在はシンガポール国立大学の教授である田村こうたろう氏による、シンガポールを中心としたアジアの解説本です。著者には、シンガポールでの高級不動産に関する弊社イベントにゲストスピーカーとして来ていただきました。日本人には珍しいスケール感の大きな話しを、豊富なファクトに基づきながら展開してもらえ、参加者のほとんどの方に喜んでいただけました。

本書でも、東南アジアを中心としたアジア経済の将来性と、日本人・日本企業のアジアでのポテンシャルが分かりやすくまとめられています。著者は、アジアの首脳とも幅広い関係を持っているので、こうした人物たちの会談における具体的なエピソードが多いことも、アジアの現状のイメージをクリアにしてくれます。

アジアの成長性とともに、日本の将来に待ち受ける厳しい状況についても深く切り込んでおり、日本人・日本企業が積極的に進出しなければないという本書のメッセージが多くの人に切実なものと感じられるでしょう。シンガポールで生活している私たちにとっては本書の内容はほぼ全て同意できます。本書を読んでアジアへの進出に関心を持った方は、なるべく早く現地を訪れ、単なる観光ではなく自分のキャリア展開にアジアのパワーをどのように活かせそうかイメージを持つようにしてください。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

究極の海外不動産投資

究極の海外不動産投資 (黄金律新書)

レベル4 ★★★

私たちもまさに本書のテーマである海外不動産投資でコラボしたことのある内藤忍さんによる、海外不動産投資の入門書です。本書の白眉は、著者が実際に足を運び購入した国について解説していることです。

円安により海外投資に関心を持つ人が多くなっており、目に見えて分かりやすい海外の不動産投資も人気となってきています。しかし、流動性が低くただでさえリスクが高い不動産投資に、さらに海外という要素が加わることで様々なトラブルも出てきています。私たちも、お客様に不動産投資をご案内するうえで、最も気を遣うのが現地の提携先の選定です。

本書では主に米国、マレーシア、タイ、フィリピン、カンボジアの不動産投資が紹介されていますが、それぞれの国について情報提供がどの不動産エージェントであるか明記されています。どれも、内藤さんが自分自身でサービスを受けて納得して付き合っている会社ですから、このリストが手に入るだけでも本書の価値はあるでしょう。

新興国を中心として外国人による不動産投資に関する規制は頻繁に変わり、ネットでは古い情報も目立ちますが、本書は今年時点の最新のもので統一されています。内藤さんは金融商品について海外投資の啓蒙家として日本の第一人者でしたが、不動産についてもそのポジションを築きつつあります。海外不動産投資に関心にある人はぜひ本書でベーシックな情報を身につけてから、関心のある場所を選び現地に足を運ぶようにしてください。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

不動産投資 1年目の教科書

不動産投資 1年目の教科書: これから始める人が必ず知りたい80の疑問と答え

★★

不動産投資や海外投資の著作で知られる著者による最新の不動産投資の入門書です。書名からはビジネス書としてベストセラーになった「社会人 1年目の教科書」を想起させますが、内容も不動産投資の経験が豊富な著者による不動産投資をこれから始める人向けの手ほどきとなっています。不動産投資を始める際に多くの人が持つだろう疑問を80個列挙し、それに回答を与えていく形で展開しています。不動産投資について幅広くトピックをカバーした本がなかなかないので、その意味では入門書として優れているといえるでしょう。

ただ、本書では東京の不動産投資が良いとされていますが、筆者がこれまでの書籍で取り扱ってきた海外投資、特に海外の不動産投資と比較した場合の優位性について論じられていないのは物足りないところです。また、初心者向けの解説書として位置付けながら、色々な用語が出てくるのもついていけない読者が結構居るのではないかと感じました。もちろん、日本の不動産投資は税制や規制周りが複雑なので、ある程度専門用語が多くなるのは仕方がないかとは思いますが。

本書を読んで最も強く感じたのは、日本の不動産投資周りの税率がとてつもなく高いことです。シンガポールから自在に海外も含めて投資をしているケースを多く目の当たりにしているだけに、このことが日本で不動産投資を行ううえで最大のハードルとなっていると感じました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート

冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート  市場の英知で時代を読み解く

レベル4 ★★★

シンガポールへ移住した一番の有名人であるジム・ロジャーズの最新作です。彼が娘を、乳母車に載せて学校まで毎朝送っていく姿は大々的に世界に報じられましたが、このシーンはシンガポールの治安の良さを示す格好の広告塔となりました。

ジム・ロジャーズは、バイクと自動車による2度の世界旅行から、21世紀はアジアの時代だと考え、子供の教育環境としても優れているシンガポールに移住をしました。2001年にシンガポールを訪れて、国民が流暢な英語や、中国語の標準語である北京語(マンダリン)を話していること、高い医療が受けられることを魅力に感じたことも、シンガポールを選んだ要因です。

彼の娘、ハッピーちゃんが通っているのは、南洋(ナンヤン)小学校で、小学校1年生から毎日2時間もの宿題が課されるシンガポール屈指の名門現地校です。ジム・ロジャーズは、この小学校に娘を通わせるために、学校の近所に住み、ボランティアに参加し、資金集めのお手伝いをしたそうです。ただ、思ったよりもシンガポールのパートが少なくて、ジム・ロジャーズのシンガポールでの生活についてもっと知りたかったので、その点が残念でした。

また、移住以外の部分の経済分析のパートは、あまりに中国を過大評価している点であまり参考になりません。ロジャーズの母国である米国が徹底的にこきおろされているのも、不公平に感じました。まぁ、誰しも母国のあらが最も目について、憤りを感じるのかもしれませんが。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

大家さんとは違う不動産投資法「ランドバンキング」

大家さんとは違う新不動産投資法「ランドバンキング」

レベル4 ★

日本ではあまりなじみのない更地への投資である「ランド・バンキング」について取材を受けることになったので読んでみましたが、残念ながらあまり発見はありませんでした。

ランド・バンキングは5年程前に日本でプチブームとなりましたが、リーマンショックによる開発計画の頓挫により、いくつかの大手業者も日本から撤退し、現在では香港などの投資顧問を通じて投資をすることが一般的となっています。

この本の著者は、これからも人口が増え続ける米国で、特に経済が活況を呈しているカリフォルニア州へのランド・バンキング投資を自身でも実践し、その手法について解説していますが、取り上げている地域はカリフォルニアの一部のみで、その他の地域については言及がありません。

また、ランドバンキング投資のアップサイドが大きいことは分かるのですが、どのようなリスクが背景にあるからこその高いリターンであるかをきちんと説明しなければ、多くの人にとって投資に取り組む際に不安が残るでしょう。

一見、200ページほどの著作に見えますが、契約書の内容のコピーなどが多く、実際の記述は100ページほどとボリュームも少ないです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

君に世界との戦い方を教えよう

君に、世界との戦い方を教えよう 「グローバルの覇者をめざす教育」の最前線から (現代ビジネスブック)

講談社のウェブメディア「現代ビジネス」に連載してきた内容をまとめたもので、グローバル教育に興味がある人にぜひ読んで頂きたい本です。著者は、現代ビジネスだけでなく、日経ビジネスでも連載をしており、どの記事も面白くていつも楽しみにしています。

現代ビジネス 田村耕太郎「知のグローバル競争 最前線から」

日経ビジネス 田村耕太郎の「経世済民見聞録」

日本の超進学校と言われる高校から、東大ではなく、ハーバード大やエール大に進学をする子が少しづつですが、増えているそうです。また、日本の高校から海外トップ大学への進学をサポートする塾、Route Hが人気といった話を耳にするようになりました。

私たち自身、3歳の子どもをシンガポールのインターナショナルスクールに入学させ、将来は海外の大学で学ばせたいと考えております。海外の有名大学のカリキュラムはどういった内容であるのか?海外の学生はどういった点で日本の学生より優れているのか?、インドやシンガポールではどのように優秀な学生を輩出しているのか?など気になっていた事柄に対する答えが載っていて、参考になりました。

多数の海外の大学で学んだ経験があり、海外へ留学した優秀な日本の学生にインタービューをした著者ならではのユニークな視点が満載です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

中国の次のアジア

中国の次のアジア (日経BPムック 日経ビジネス)

レベル4 ★★

新興11か国(ミャンマー、ベトナム、インドネシア、フィリピン、インド、タイ、マレーシア、ラオス、シンガポール、カンボジア、バングラディシュ)の情報が満載の日経BPのムック本です。昨年の9月に中国で反日デモがピークになり、未だその影響は日本の企業にも影を落としています。中国リスクに備え、その最右翼と目されているのが、東南アジアをはじめとした新興アジア11か国であるというのが本書の主張です。

日経BPらしく、11か国の人口、基本給、賃料などマクロデータは細かく掲載されています。また、大企業が新興アジアへ進出する際には、どのような戦略を持って実践したのか、様々な会社の事例が載っています。現地の慣習や教育の質、労働環境、現地の消費動向などについても詳しく調べられていて、図や写真も多く、頭に入っていきやすいです。

起業家にも役に立つと思ったのは、ベトナム、フィリピン、ミャンマーの現地のスペシャリストに聞いた進出の際に気をつけるべき事柄です。現地の労働者の質や、どのようなことに気をつけてマネジメントをすべきかなど、注意点について知ることができ、 参考になりました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

アジア投資で稼ぐ必勝法

日経新聞には載らない  アジア投資で稼ぐ必勝法  角川SSCビジネス書籍

レベル4 ★★★

アジア投資の本は、「勢い」で読ませて情報量が足りないと感じる本も少なくない中、日本とタイに上場する2つの会社の経営をしている企業家の方が書いた骨太の本です。「現場・現物・現実感」を大切にし、何度も現場に足を運び、実際に物件を見ることで、リスクを最小限に抑え高いリターンを得ることを実践しております。アジア通貨危機をきっかけに、高いパフォーマンスを獲得したそうです。

著者はアジア通貨危機の前に、現地に足を運んでインフラ、人々の暮らしなどよく観察しました。本来の現在価値に対して、政府の介入によって支えられたバーツ相場は、タイの現在の価値と大きくずれて高すぎると感じ、暴落を予想していました。著者の予想通り、アジア通貨危機は1997年の夏に、タイのバーツの暴落をきっかけに始まりましたが、1998年に安値でタイのビルを購入し、1年3か月程度の投資期間で3倍で売却したそうです。

一方で、2005年に米国の投資銀行から勧められたサブプラムローンを元に組成された証券や、2006年に沸いたベトナム市場への投資は、よく分からない、現在の価値に対して高すぎるといった理由で、投資を見送り、2008年のサブプライム危機、2009年のベトナム株暴落を避けることができました。

ポスト中国として、存在感を増しているアセアン(東南アジア諸国連合)がどう発展していくかという著者の見解が興味深いのですが、地図がないことで、具体的にどこの地域について話をしているのか分かりづらく残念でした。その点を除けば、全体的に、しっかり作られている本であると思いますし、アジアで起業をしたい!アジアで成功したいと考える企業家の方にオススメです。

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > 書評 > レベル4

ページの上部に戻る