ホーム > アーカイブ > 2019年7月のアーカイブ

2019年7月のアーカイブ

amazon「帝国」との共存

amazon「帝国」との共存

レベル3 ★★★

 

日本でも経済記事でGAFAのことを目にしない日はないほどですが、本書はGAFAの中でも最もグローバルに影響力を持つアマゾンのこれまでの軌跡と今後の動向予測についてよくカバーされています。

著者は小売りを専門とするアナリストであることから、アマゾンだけでなくウォルマートやアリババなど競合を含めた小売業界全体の状況についても、動向が良くまとまっており小売業界の全体像がつかめます。先日、ベイエリアを訪れた時も感じたことですが、GAFAを筆頭に生活のあらゆるシーンにメガテック企業が浸透し、アップルやグーグルの新しい本社施設を見てもSF小説に出てくる世界征服をたくらむ悪の組織のような存在感となってきています。

本書はその中でも最強の帝国であるアマゾンが、祖業のeコマースから、実店舗を通じた小売りに金融/医療保険/ロボット開発/配送/広告などあらゆるビジネス・業界に浸透しようとしていることについて網羅的にまとまっていますから、関連業界の人にとってはアマゾンと今後どのように付き合っていくべきかという示唆に富んでいでしょう。

米国でAmazon goやAmazon Booksを訪れてその思いを強くしましたのは、アマゾンは小売業ではなくあらゆる業種をテクノロジーにより革新しようとするテックを本業とする企業ということですが、本書の豊富な事例からもその本質についてよく学べます。

惜しむらくはあり得ない数字の間違いがあまりに多いことです。原著から間違っているのか翻訳過程で生じたのかわかりませんが、ビジネス上の理解を数字の間違いは大きく妨げるので、とても残念に感じました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2019年7月のアーカイブ

ページの上部に戻る