Warning: mysqli_query() [function.mysqli-query]: Empty query in /home/ssinvestments25/www/wordpress1/wp-includes/wp-db.php on line 1924
Shoe Dog - S&Sのオススメの書籍

ホーム > ★★★★ | レベル4 > Shoe Dog

Shoe Dog

SHOE DOG(シュードッグ)

レベル4 ★★★★

題名を日本語に訳すと「シューズ馬鹿」といったニュアンスで、ナイキの創業者であるフィル・ナイト氏が自ら執筆した伝記です。もちろんここでの馬鹿には、没頭して夢中になっている様子を表す愛すべきニュアンスが込められています。

今やシューズだけでなくスポーツ用品全般においてもナイキは世界最大のプレーヤーとなっていますが、創業は1960年代とアディダスやプーマといった欧州の大手はもちろん、アシックスといった日本のメーカーからもはるか後れを取っていたところからのスタートでした。それどころか、フィル・ナイト氏自身が起業するきかっけになったのは、アシックスの前進であったオニツカタイガーのシューズを日本で見て気に入り、米国の西海岸で販売代理店を任せてもらったところからでした。

その後、アシックスとは決裂してしまいますが、日商岩井が商品の調達だけでなく資金調達などファイナンス面を支えたことで、ナイキが世界的な企業に成長していくなど、ナイキは創業当初からずっと日本と深いかかわりを持っています。日商岩井への感謝の思いは本書でも度々出てきますし、ナイキの本社にある日本庭園には日商岩井という名前が冠されているほどです。

世界的な起業家の自伝というと超人的な才能を持った人物による成功譚というイメージを持つかもしれませんが、本書は全く違うテーストです。本書のほぼ全ての記述は創業前夜から1970年代におけるナイキの黎明期についてで、成り行きで起業することになったナイト氏があらゆるトラブルに見舞われ、のたうちながら一歩一歩前進してきたことが分かる迫真の記述には、こちらも創業前後のことが思い出されて胸が苦しくなるほどでした。

ナイト氏以外もナイキの創業メンバーは、異常な肥満漢や手紙魔、さらには車いすに乗った障害者など、通常の企業では異端とされる人ばかりです。そうした凸凹チームが今の世界的企業を作り上げた事には多くの読者が驚きを感じるでしょう。起業に関心がなくともビジネスパーソンが読めばほとんどの人に学びがある素晴らしい作品です。

ホーム > ★★★★ | レベル4 > Shoe Dog

ページの上部に戻る