ホーム > ★★★★★ | レベル3 > The Four GAFA

The Four GAFA

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

レベル3 ★★★★★

これまで300冊近くの書評を書いてきましたが、5冊目となる最高ランクの5つ星の評価です。データとAIという現在の産業の中で最も成長が期待できる分野の先頭を行き、今や株式時価総額という観点でも世界でトップに立つメガテック企業4社、GAFA(グーグル・アマゾン・フェイスブック・アップル)の影響力について縦横無尽に論考が繰り広げられています。

この4社は単に儲かっているテック企業というわけではなく、人間が生きてくうえで最も大切な機能である脳と心、性のすべてに密接にかかわっていることが現在の繁栄につながっているという指摘は非常に鋭く、今後もこの4社がさらなる隆盛を極めていくという本書の論考には納得させられます。著者はいわゆるシリアルアントレプレナーで、実際にビジネスの場でこの4社と立ち向かい、叩き潰された経験まであることが、この鋭い論考の背景にはあります。

著者が進めるのはこの4社は、現代社会において一昔前の神が担っていたようなポジションにあり、起業する場合もキャリアアップを図る場合も絶対にこの4社とぶつかることのないようにすべきと徹底して説いています。豊富なデータをもとに、この4社が君臨する現代社会は「超優秀な人にとっては最も生きやすく、そうでない人にとっては最も生きづらい社会」であり、「歴史上もっともビリオネアにはなりやすく、ミリオネアにはなりにくい社会」であると、身もふたもない表現で喝破しています。

つまり、この4社に象徴される圧倒的な一部の勝ち組と、その他ほぼ全員の負け組という構造が宿命的に進んでいくということです。私自身、世界を飛び回りながらこのトレンドが不可逆であることをひしひしと感じています。この格差をどう個人として生き抜くのか、さらには社会全体としてどのようなバッファーを設計すべきかを考える上でも、この4社について知らなければ何ら具体的な案は思い浮かばないでしょう。21世紀を生きていくうえで、著者が必須科目であるとするGAFA4社の実像と今後の影響力についてぜひ本書で学んでみてください。

ホーム > ★★★★★ | レベル3 > The Four GAFA

ページの上部に戻る