ホーム > ★★★★ | レベル3 > ホモデウス

ホモデウス

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来ホモ・デウス 下: テクノロジーとサピエンスの未来

レベル3 ★★★★

前作「サピエンス全史」が全世界で1,000万部に迫る大ベストセラーとなった著者による人類のこれからの姿についての壮大なスケールの考察が展開されています。前作では人類の約250万年の歩みについて、「イメージを共有できるようになった認知革命」と「時間という概念と社会構造の確立につながった農業革命」、「資本主義と相まって信用を創造し持続的な社会の発展という概念を生み出した科学革命」の3つの革命により、人類を今の地位に押し上げたという論考が展開されました。

その結果、人間中心主義が世界で広く受け入れられるようになったのですが、著者はこれからの未来はデータ中心主義にシフトしていくという論考が繰り広げられています。生化学的に分析しても人間の思考は思いのほか単純なアルゴリズムに支配されており、前回の大統領選挙で問題になったように、SNSなどでの行動形態から簡単に解明され、さらにインプットする情報を操作することで誘導されてしまいます。

人間中心主義の根底にある自由意志という概念には大した意味がなく、巨大なデータと優れたアルゴリズムさえあれば個人単位での意思決定よりもはるかに高い精度で効率的な判断ができるというのがデータ中心主義です。過激に聞こえるかもしれませんが、住居や車を個人所有せずにメガテック企業のアルゴリズムに基づいて相手を信用してシェアしたり、サービスを利用したり製品を購入したりする時も、判断材料だけでなく結果まで同じくメガテック企業のアルゴリズムに依存している現状を考えると、あながち荒唐無稽な話ではないと思います。

ビジネスにおける数十年単位での大きなパラダイムシフトを考える上でも、色々と示唆が得られる骨太な思想書です。

ホーム > ★★★★ | レベル3 > ホモデウス

ページの上部に戻る