ホーム > ★★★★★ | 投資以外 > 宇宙の覇者

宇宙の覇者

宇宙の覇者 ベゾスvsマスク

★★★★★

この書評は起業当初から継続していて、これまで200冊以上について書いてきましたが、6冊目となる★5つの満点評価です。日本語では大仰なタイトルに聞こえますが、英語の原題は”Space Barons”でロックフェラーやカーネギーといった20世紀初頭の米国の財閥の権勢ぶりを示した”Robber Barons”をもじって、大富豪が宇宙開発で激しくしのぎを削っている現状を表しています。

ヴァージングループの創業者であるリチャード・ブランソンやマイクロソフトの共同創業者であるポール・アレンといった大富豪も宇宙開発で一定の役割を果たしていますが、なんといっても主役はスペースXの創業者イーロン・マスクと、アマゾンの創業者にしてロケット開発会社ブルーオリジンも起こしたジェフ・ベゾスです。

何事も派手にぶち上げてスピードを売りにしているスペースXをウサギ、徹底した秘密主義で成果を上げてから控えめに発表するブルー・オリジンを亀と、イソップ童話に例えて両社の創業からの対照的な歩みが詳細にまとめられています。スプートニクやアポロ計画に代表されるように冷戦下での宇宙開発は国威発揚をかけた戦いでしたが、現在ではこの2社を筆頭とする民間企業が主導しています。

冷戦の終結とNASAの予算削減により沈滞していた宇宙開発が、大富豪の情熱と巨額の投資により再び活性化してきていることが分かります。同時に、世間にほとんど知られていないアンドリュー・ビールなど宇宙開発に情熱を傾けた民間人の努力が現在の民間企業の隆盛の礎となっていることも分かります。

人類なら誰しも心を躍らせる宇宙開発を、少年の心を持ち続けた大富豪たちが主導していることは、まさに個の時代を象徴する事例でワクワクさせられます。同時に、民間企業に任せるべきところは任せるというNASAをはじめとした政府組織の決断力と、宇宙開発という超長期にわたりかつダウンサイドもとてつもなく大きい事業に巨額のリスクマネーが集まる現状から、米国の計り知れない底力も感じました。

ホーム > ★★★★★ | 投資以外 > 宇宙の覇者

ページの上部に戻る